オオクワガタを育てよう (幼虫のえさ交換&菌糸瓶づくり)

オオクワガタの幼虫を産卵木から取り出した後、菌糸瓶に幼虫を投入しました。
その後、菌糸瓶の中で、すくすくと大きくなります。
幼虫は、瓶の中を食べ進んで、真っ白だった菌糸瓶にマダラ模様ができます。

画像


幼虫が食べ進んだ後は、白くなりません。 まだ食べていない部分も菌糸が劣化して少し茶色くなっています。

画像


こんな風に、白い部分が半分から7割以上なくなってくれば・・・、餌の交換時期です。

慎重に幼虫を傷つけないように古い菌糸瓶の中から掘り出してやります。

画像


餌替え、といっても、新しい菌糸瓶に幼虫を入れてやればいいだけなんですが・・・。

菌糸瓶に幼虫を入れるときは、中に入っていきやすいように穴をあけてやります。

画像



<菌糸瓶を自分でつくる>
菌糸瓶、市販のものを購入すると高くつくので・・・、

菌糸ブロックを購入して、瓶に小分けすれば、かなり安く上がります。 すこし手間はかかります。

クワガタショップかペット屋さんに菌糸ブロックを扱っているところがあります。

外国産のクワガタやクワガタの幼虫を売っている店ならあると思います。
店頭に出していることはあまりないので、店員さんに「菌糸ブロックありますか」と聞いてみてください。

「なにそれ??」という人は・・・、クワガタに関して素人さん

「うちは、扱ってないので、ごめんね」・・・、まずまず知識はある。

「あるよぉーー、幾らぐらいのにする?」・・・、ブリーダーレベル

てな感じです。
菌糸ブロックもピンキリだけど・・・、900円前後からあります。

とにかく、幼虫から成虫にするという単純な目的なら、一番安いので十分です。

画像


菌糸ブロックと蓋に通気口を二~三個開けた空き瓶などを用意します。


画像


菌糸ブロックの中は、一見、普通のおがくずのかたまりです。でも、しっかりと茸の菌糸が充満しているのです。

画像


きのこに当たる外側の白い皮は捨てて・・・

ブロックを崩します。

画像


崩したブロックを今度は、用意したアキビンに詰めます。

画像


自然界のクワガタの幼虫は、朽木の中で生育するので、同じような環境に近づける為に棒などで押さえつけて、堅くします。

画像


堅く詰めた後は、穴を一つか二つ開けます。

菌糸(きのこ)も生き物なので通気口をつくって、呼吸ができるようにします。

画像


このようにたくさんできます。 市販で1本400円~高いもので1000円くらいするので、ブロックを買うとお得です。

画像


ただ、おがくずを詰めた瓶ですが・・・、

暑い夏は4日程度、冬なら1週間から10日程度で、白い菌糸瓶の出来上がり。

画像


白い瓶になったら、この中に一匹づつ、幼虫を投入して、餌替え完了です。

新しい瓶に入れるとき、幼虫と一緒に古い食べかすや糞を少しだけ入れてください。

"オオクワガタを育てよう (幼虫のえさ交換&菌糸瓶づくり)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード