疫病退散 角大師 (つのだいし) のお札

滋賀県琵琶湖の西側、比叡山延暦寺の横川地区にひっそりとたたずむ元三大師堂(がんさんだいしどう) ここは、おみくじ発祥の地とされています。 おみくじと言っても・・・、ここのおみくじは人生で自分の進むべき道に迷ったときに僧侶から教示をうける本格的なものです。本堂に入ると「運だめしでの利用はご遠慮ください」と但し書きがあるくら…
コメント:2

続きを読むread more

新型コロナウィルス感染症と闘う

 今日も水色のプラスティックガウンに腕を通し、N95マスクを装着し更にその上からサージカルマスクを重ねて装備する。ゴーグルとヘッドキャップを身に着けて手袋は二重にしてレッドゾーンの扉を開ける。 扉の向こうには中等度症の新型コロナウィルス感染症の患者さんが待っている。 もう、この感染症が騒がれだしてから一年以上が経過した。今…
コメント:2

続きを読むread more

世界文化遺産 国宝 姫路城

いつ行ってもきれいで美しいお城、別名 白鷺城とも呼ばれている姫路城、世界文化遺産・国宝に指定されています。 白い城壁と瓦の継ぎ目に白い漆喰が使われています。しっかりとした迫力のあるたたずまいです。 眺めの良い広場をとおり姫路城の入り口に向かいます。桜の木がたくさん植えられているので春先に来ればいいかもしれません。 …
コメント:0

続きを読むread more

癒しの京都 ( 平野神社 夜桜ライトアップ )

桜が咲いている期間は短い。 日中は仕事や用事で時間が取れず またまた夕刻からの出撃です。 京都の桜の名所を検索しては、自分の足で撮りに行く。 三月末日、京都北山の平野神社を目指しました。 一枚目の写真は、平野神社を紹介しているSNSなどでよく見るシーンです。 実際に行ってみるとかなり暗い状態で絞り込んで4秒くらいの露光で撮り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの京都 ( 東寺 五重塔と不二桜 ライトアップ )

まだ、感染対策には気が抜けませんが、コロナ禍の厳しかった冬を超えて待ちに待った春が来ました。 桜の季節、思い切って、京都 東寺の桜のライトアップを撮りに来ました。 樹齢130年の枝垂れ桜(不二桜)と夜の闇に照らし出された五重塔が幻想的なシーンを演出しています。 額に入れて飾りたくなるような素晴らしい情景に感動です。 これ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

娘の卒業・そして旅立ち

過日、2021.3.21 長女の大学の卒業式がありました。 就職活動の時期に新型コロナ感染症の影響で就職活動も大変困難な状況になり、挫折も経験しましたが、よくがぱってこの日を迎えました。 この日はあいにくの雨でしたが、交友のある仲間たちと卒業式にのぞみました。 感染症対策で保護者であっても卒業式の会場には入ることがでませんでし…
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 ( 浄土宗総本山 知恩院 )

京都祇園の北東側にある知恩院を訪れました。 知恩院のホームページによれば、1175年(承安5年)に浄土宗の開祖である法然上人が草庵を築いたことを起源として800年の歴史があるお寺です。 江戸時代に浄土宗を信仰した徳川家康が京都における菩提所と定めたことで寺領が拡大されて現在に至っています。 知恩院の正式名称は、華頂山知恩教…
コメント:0

続きを読むread more

癒しの京都 ( 二条城 )

二条城は、世界遺産に指定されています。 パンフレットによれば、1603年に徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするために築城したものです。 立派な外堀を見ながら東大手門から入城します。 二条城で有名なのが、重要文化財に指定されている唐門です。 目を見張る素晴らしい彫刻、聖域を守る獅子や龍が彫…
コメント:0

続きを読むread more

癒しの京都 ( 八坂神社から高台寺へ )

過日、休みで長男も久しぶりに実家に戻ってきたので家族でランチ。 京都祇園の古い町家を改装したイタリアンレストラン 「スコルピオーネ」を訪れました。 おいしい欧風パスタと古い京都の風情のある建物とのギャップがとても印象に残りました。 その後、東の方へコロナ終息と平穏な日常が戻ることを願って八坂神社と高台寺へお参りに出かけました。…
コメント:2

続きを読むread more

いとしのマイフェアレディ (今日のワンショット04)

コロナ感染症で緊急事態宣言発令中、不急不要な外出は控えなければなりませんが、 家の食材が尽きてはいけないので愛車で買い物に出かけました。 スーパーの駐車場に停めて振り返ると・・・、「良い景色」写真を一枚とりました。 コーヒー牛乳を作る牛乳がなくなったので、安い牛乳を買いました。 購入したのは加工乳・・・、成分無調整のおいしい…
コメント:2

続きを読むread more

ある親子の幸せを願って

みんな眠りについた夜、その子は、やさしいお母さんに抱かれている夢をみているのでしょうか。 今は、離ればなれでも、きっといつか一緒に再会して笑顔あふれる親子の姿を心から願いたい。 でも、今日わたしがあなたに感じたこと・・・、このままではいけない 写真はイメージで記事の内容とは関係ありません 争いの中で目先の目的を達成するために相手…

続きを読むread more

夕暮れの機関車庫 

ねむーい、夜勤明け。お誘いあわせで京都鉄道博物館に行ってきました。 夕暮れの機関車庫でのショットです。 博物館の中の機関車庫に並ぶ蒸気機関車 この日は「トロッコ嵯峨野」のディーゼル機関車が転車台前に鎮座しておりました。 ディーゼル機関車と蒸気機関車の良い組み合わせで演出してくれていました。この博物館の良いところは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2020 クリスマス

コロナ感染症で大変だった一年がもう少しで終わろうとしています。かわいいクリスマスケーキが目に留まったので載せてみました。 ホテルの中にあるショップのクリスマスケーキ ん~っ、高くて買えないので写真にとってみました。 木の切り株とサンタさん、上手くできてるねぇ。 なんだか食べるのがもったいないくらい。 こちらは、完売なの…
コメント:0

続きを読むread more

2020 関西学生リーグ決勝戦 ( 立命館パンサーズ 惜しくも勝利ならず)

コロナ禍、無観客トーナメント式で進められてきたアメリカンフットボール関西学生リーグ、決勝戦は観客を入れての試合です。 対戦は、関西学院大学と立命館 例年のライバル同士の対戦です。 長男が学生時代に所属していた立命館PANTHERSを応援すべく万博記念競技場にいきました。 今回は予約前売りチケットのみ入場可能で、当日券があると思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神峯山寺の紅葉

12月のはじめ、もう紅葉も終盤で今年は見れないかとあきらめかけていたのですが、見に行くことができました。 大阪・高槻市の北部、ポンポン山の麓の神峯山寺(かぶざんじ)です。 訪れる人もまばらです。 ちょうど、夕刻に近い時間で西日が紅葉を照らしいい感じです。 わたしが小学生くらいの時(1980年ごろ)は、この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いとしのマイフェアレディ(久しぶりの洗車)

昨日は、オイル交換とフォグランプの不具合をみてもらいました。車をメンテナンスに入れるといろいろと注意が車の方に向いて、今日は秋晴れの中、洗車をすることにしました。 コロナ騒ぎ後、初めての洗車、ワックスがけも丁寧にやりました。リアの力強いゴシックのロゴがいい ピカピカになるとさらに見栄えが良くなりました。 けっこう、傷だ…
コメント:4

続きを読むread more

寝台特急「サンライズ出雲」伯備線高梁川橋梁を渡る

11月8日の伯備線遠征の続きです。 東京発の寝台特急サンライズ出雲が伯備線を通っています。大阪を深夜に出て車を飛ばしてきたのも、このサンライズを撮ることができるかもしれないからです。 下りの出雲号は早朝に岡山駅でサンライズ瀬戸号と分割し、新見駅に7:14に到着の予定です。 高梁川第一橋梁で「もしや、もしや」とサンライズを待ちました…
コメント:6

続きを読むread more

いとしのマイフェアレディ (岡山県新見市「絹掛の滝」にて)

伯備線の特急を撮るために岡山県の新見市に愛車で遠征、久しぶりのロングドライブになりました。 渓谷沿いの道を撮影ポイントを探して走っていると「絹掛の滝」という場所がありました。 車を止めて一休み、きれいな紅葉と滝が見れました。 滝を眺めているうちに・・・これを背景に愛車を撮ってみたいと…、パーキングの車の出入りがおさまっ…
コメント:0

続きを読むread more

憧れの旧車 フェアレディZ S30型 に遭遇する

わたしが、中高生だったころ、昭和55年頃だったと記憶しているのですが 雨の石だたみに停車しているフェアレデイを初めて見たときに衝撃をうけ、脳裏からこのスタイルが離れなくなった記憶があります。 そのときはたぶん 240Zだったと思います。 新見市にある井倉洞駐車場で S30型のフェアレディZに遭遇しました。 思わずオーナーさん…
コメント:2

続きを読むread more

伯備線 381系 特急「やくも」を撮る

2020.11.8(日) 貴重な国鉄型特急車両381系が使用されている「やくも」号を撮りに伯備線へ遠征してきました。 特急「やくも」は中国地方の山間部を走り、岡山と出雲市を結んでいます。 高梁川沿いの渓谷をゆく、特急電車は絵になります。 国鉄型381系も数年後には新型の車両に置き換えられる予定になっています。 大阪か…
コメント:6

続きを読むread more

ぽんちゃんの誕生日 (ミニチュアダックス 18歳)

親戚の飼い犬、ミニチュアダックスの「ぽんちゃん」が18歳の誕生日を迎え、我が家に遊びにきてくれました。 かあさんに抱かれて・・・、バースデーケーキを見ています。犬の一年は、人間の5~6年に相当するそうですから、18年生きたということは、100歳前後の超高齢犬ということになります。 ぽんちゃんは、家族同然の存在、大きな心の支え…
コメント:2

続きを読むread more

世界の名画を大塚国際美術館で見る

2020年8月末、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました。この美術館では世界の名画が陶板に忠実に再現されています。陶板に再現することで経年劣化がほとんどない状態で見ることができるという特徴があるようです。絵画の大きさもほぼ原寸大だったように思います。 美術館のメインホール、システィーナホールです。本物は、バチカン市国のバ…
コメント:2

続きを読むread more

動物園に行こう (2020 神戸動物王国 バードパフォーマンスショー)

とてつもなく暑い夏、最高気温が40℃を超えた地域もあったそうです。 8月24日、娘の就職活動も終わったので神戸どうぶつ王国にかわいらしい動物たちを見にやってきました。 今日の私の目標は、バードパフォーマンスショーで飛ぶ鳥たちをダイナミックなアングルで撮ること・・・ このショーは、このどうぶつ王国の人気の高いイベントでよくなれたタ…
コメント:2

続きを読むread more

地蔵盆の夕暮れ

とある街角、お寺のある道沿いで地蔵盆が開かれていました。 朝から地域の人々が集まって提灯や供物をお地蔵さんのほこら前におそなえしていました。 夕暮れ近く、近所のお年寄りや子供たちが集まってお菓子を食べたり、近所の人々が交流を深めていました。 お線香の匂いと蚊取り線香の匂いが昭和チックな雰囲気に一役買っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ採集56 (ミヤマクワガタはやっぱりカッコイイ)

さぁ、梅雨も明けて夏真っ盛り、水槽の中のクワガタやカブトムシが連日、知り合いの子供たちのもとへもらわれていきます。ついつい、サービス精神が出て、カッコイイ ノコギリクワガタやミヤマクワガタを差し出してしまいます。 今日は、ミヤマ、ノコギリ狙いですこし足をのばして遠いポイントへ単独で出撃しました。 少し勇気を出して秘境ポイントへ …
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ採集55 (カブトムシの出番です)

さぁ、7月も後半に入りましたが、まだ梅雨が明けません。雨の合間を縫ってポイントに出かけてみました。 夕方になるとガサガサとうるさい家のカブトやクワガタたちは今日は静かで「採りに行ってもいないかなぁ」と推測します。すごく活動的な日もあれば、夜になってもおとなしくしているときがあります。湿度や気圧の加減で何か影響があるのかもし…
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ採集54 (梅雨明け間近の採集)

2020年の梅雨はたくさん雨が降りました。九州では河川が氾濫し大きな災害となりました。久しぶりに晴れ間が見え、山に出かけてみました。 日中、バイクを飛ばして秘境ポイントへ様子を見に行きました。日中は大きなオオスズメバチが幅を利かせていてカナブンたちを「俺の縄張りだ」と言わんばかりに追い払っています。 山奥のオオスズメバチはとてつ…
コメント:2

続きを読むread more

カブトムシ誕生 (カブトムシが羽化しました)

昨年、採取したカブトムシが卵を産み、卵から成虫までの約一年間飼育して7月5日、成虫が誕生しました。 厳密にいえば、カブトムシの誕生は昨年の夏、卵から孵化した一年程前です。 孵化直後から幼虫は腐葉土を食べてどんどん大きく成長します。 初夏のお6月の初旬、幼虫は腐葉土を食べるのをやめて蛹になるための部屋(蛹室)を作ります。 …
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ採集53 (秘境ポイントにチャレンジする)

6月28日(日)、久しぶりの休みで山奥まで車でポイント開拓に朝から出かけました。この地域には、オオクワガタが生息するくらいの場所という噂もあります。 山道に入るとさすがに深い自然の真っただ中という感じでした。 ずいぶん前にクワガタ探検隊の先輩と来たおぼろげな記憶をたどりながら、ここでもない、あそこでもないと山道を歩き回りました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

QRコード