挿管シュミレーター

とある勤務終了後の講義室、合併症病棟の若い看護師達が勉強会をしていました。

その中には、CPCR普及班のメンバーもいます。
見慣れない人形を囲んで議論したりしています。

その人形は、大学から借りてきたもので、挿管シュミレーターでした。

画像


いや~っ、なんとも言えない様相の上半身のみの人形です。お世辞でも男前とは言えませんねぇ。

喉詰め事故や急な病状の悪化(急変)で心肺停止状態の患者に行う処置のひとつに挿管があります。

挿管処置は、口などから管を気管に通す事によって確実に気道を確保します。
この処置が完了すれば、人工呼吸器を接続することによって他動的あるいは補助的に高濃度の酸素を送ったりすることができます。

看護師は、医師から挿管処置の指示が出されたときにその準備と介助を手際よくこなさなければなりません。

患者の命を救うため一分一秒を争う緊迫した状況です。

日常的に救命救急を行っている病院ではありませんが、いざというときは動けないといけません。

この人形(挿管シュミレータ)のすごいところは、実際にブレードや挿管チューブ、スタイレットなどの医療器具を使用して挿管処置ができます。

画像


胸を開けると肺や胃の臓器があり、挿管チューブに空気を送り込みます。
正しく挿管処置ができると肺が膨らみます。
誤って食道にチューブが入ると胃が膨らみます。
胸を開けずに聴診器をあてて、正しく挿管されたか否か、訓練もできます。

この人形を用いて実践さながらの実技演習が可能となります。


画像


この病棟のスタッフにお願いして、私の勤務する病棟でも勉強会をする準備を進めています。
院長も呼んでこの勉強会を見てもらう予定です。

このシュミレーターを病院で買ってもらえれば…、という本音の部分があります。

現在、CPCR普及班では、医療器具を用いずにできる一次救命の職員への普及に努めています。
シュミレーターの購入が実現すれば、二次救命の講習プログラムを体系化して病院全体の講習として定期的に行うことができます。

医師にも勉強会に加わってもらって挿管の実技確認と看護師との連携を練習することもできます。

うまく、いきますように・・・。

テーマ「看護」のトップへ

ブログ・トップ「GAKUちゃんのひとりごと」

"挿管シュミレーター" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード