感動の災害看護伝達講習

画像
先日、看護研究を共にしたN先輩の災害看護に関する伝達講習が病院内で開催されました。
N先輩は院内での看護研究発表後も個人的に災害看護学会に入会され、精力的に研修にも参加されていました。
東南海・南海地域の大規模地震が高い確率で近年発生するとされる昨今、いざというときの心構えが医療従事者に必要ではないでしょうか。
当院においても災害時の対応については、手付かずの状態でありますが、マニュアル云々を言う前に医者、看護師、事務、給食、OTなどすべての医療従事者が
意識を持たなければなりません。
 災害時の現場で実働するのは管理職の人たちだけではなく、新人の看護師であったりもするわけです。
救急看護では、充実した機材と人員を一人の患者に注ぎ救命しますが、災害看護では限られた機材と人材で多くの患者に対応しなければなりません。
トリアージの結果によっては、家族が救命を懇願する中、まだ体に温かみのある人にも黒タッグを貼る、という苦渋の決断を下さなければならないかもしれません。
トリアージをするのは医者という思い込みが私にもありましたが、阪神大震災では新人の看護師であったり、警察官であったりするのが現実だったそうです。

・母親として、そして医療従事者として葛藤しながらも幼い子供を家に残し、病院に向った師長。
・もう息をしていない乳児を抱き助けを求める母親を抱きしめ共に涙するしかなかった卒2看護師

ひとつ、一つの事柄の裏にある壮絶な実話をまじえての講義に参加者全員が涙をながしました。
この講義に医院長、看護部長も参加されており、医院内に遅まきながら災害対策委員会が立ち上がる方向で進んでいくようです。
伝達講習終了後も他病棟からも高い評価を受けたようです。
 私たちが院内で発表した災害に関する意識調査の看護研究を日看協の看護研究発表会にエントリーすることになりました。

"感動の災害看護伝達講習" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード