鉄道掘り出し写真(特急「雷鳥」を偲ぶ

 現在、北陸線の主力特急サンダーバードの前身、「雷鳥」の掘り出し写真です。

画像


2015年3月、北陸新幹線が開業し、サンダーバードの運行は、大阪-富山間から、大阪-金沢間に短縮されました。

画像


「雷鳥」時代は、大阪-新潟を結ぶ編成も一部ありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年07月11日 23:59
GAKUさん、こんばんは。
いや~懐かしいですね、、鬚のボンネット型、、こんなのがまた走らないかな?
電気釜もいいですね、、。
この車両は両方とも、Nゲージびわ海線では現役で活躍しています(笑顔
381系も遂にお陀仏間近になりましたね(涙
いつもありがとうございます。
2015年07月12日 14:07
「雷鳥」…直訳すると「サンダーバード」…でも 英語で本当に そのように呼ばれているのだろうか? ちなみに上のは「特急こだま」と同じ車両? (新幹線が通ったら廃止になっただろうから…実際には「特急こだま」は見たことありませんね!
OTSUKYONさんへ (GAKU)
2015年07月15日 01:37
OTSUKYONさん、いつもコメント有り難うございます。当時は飽きるほど見ていたボンネット型485系もう在来線を走る姿が見れないなんて寂しいです。
SLとちがってディーゼル気動車や特急電車は動態保存できないのでしょうかね。
1編成位、いつでも出動できるように残してくれてもいいような気がするのですが…
まだこもよさんへ (GAKU)
2015年07月15日 01:45
まだこもよさん、いつもコメント有り難うございます。鳥の雷鳥を英語では、たぶん全然違う呼び方だったと思います。サンダーバードは、日本語の当て字直訳ですねぇ。私は、子どもの頃テレビでやっていた人形劇風の特殊救援部隊??のサンダーバードを連想してしまいます。
 コンテナ搭載のサンダーバード2号からドリル式の地底探査機が出てくるところなんかが好きでしたねぇ。もう再放送しないだろうなぁ
2015年08月05日 09:37
側面のJNRマークが主張してますね。
ボンネットも200番台も今はなく・・。東日本には485系、583系、189系と国鉄特急型車両が少し残っていますが、これもあと僅かでしょうか。
ボンネットが走っている姿をもう一度見てみたいです。
とんちゃんへ (GAKU)
2015年08月06日 15:23
とんちゃん、コメント有り難うございます。
ボンネット車両は在来線から姿を消してしまいましたね。たくさん走っていた頃がウソのようです。
一編成くらい動態保存してくれてもよいのになぁ、なんて思います。

この記事へのトラックバック

QRコード