2015 こいのぼりフェスタ 救護所を担当する

ゴールデンウィークはじめ、地域のこいのぼりイベントで勤務する病院が救護所を担当しました。

あさ早くからたくさんのこども・家族連れの人々で賑わいました。

画像


地域の青年会議所が中心となって自治体、消防、福祉施設、各種団体が協力して恒例の一大イベントとなっています。

わたしの勤務する病院が救護所として依頼を受けたのは今年で2回目ですが、昨年は雨天のため中止となり、今年初めての救護所設営です。

画像


今回、救護所の設営・運営を若手に任せて、頑張ってもらいました。

イベント中、5~6名の子供が来て、消毒程度の手当てをしたとのことでした。

画像


画像


地域のゆるきゃらマスコットの「はにたん」も登場し、子どもたちの人気を集めていました。

画像


画像


だれもケガなく、私たちの出番が少ないのが一番良いのですが、・・・

画像


ステージなどのイベントは今日一日だけですが、鯉のぼりは、5月5日まで、芥川の上を泳いでいます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2015年04月30日 17:48
子どもは はしゃいでしまって…転んでしまうんですかね?でもケガの人が出なくて良かったですよね!(そんな事があったりするから控えていたとしても…ね!) 御苦労様でした!
まだこもよさんへ (GAKU)
2015年04月30日 23:07
まだこもよさん、コメント有り難うございます。
このイベント会場には、川で遊べるところなので川の石などで足を切ってくる子がいるかなぁなんて想定していましたが、擦り傷程度の子供だけで済みました。来年も依頼を頂けるとうれしいなぁ

この記事へのトラックバック

QRコード