指輪によるうっ血

先日の夜勤、ある病棟から直ぐに来てほしい…と当直の師長さんから連絡が入った。
すぐに駆けつけ、ある患者さんの手を見ると・・・、大変 

びっしりと嵌まり込んだ指輪の指先が、とてつもなくうっ血・・・。

循環障害を起こしています。


画像


当直の医者と師長が、顔を見合わせながら「どうしたらええと思う・・・」と。

とにかく、一刻も早く指輪を外さないと・・・、指がぁーーっ、腐っちゃう。

指輪を外さないといけないのは、一目瞭然、みんなわかっているのだが、どうやって外すかだぁ。

石鹸で滑らせて外す・・・、というレベルではないわなぁ。

患者さんは・・・

「大丈夫 ! ! 俺が痩せて外すから・・・、心配スンナってェ」 と説得されても・・・、まったく説得力ないよねぇ。

すぐに、救急でどこかの病院に連れて行くか・・・。

以前、勤務していた急性期病棟で同様の事象があり、その時は消防署へ行って、指輪カッターなるもので事なきを得た経験があったので、消防署へ連絡をとり対応してもらうよう進言した。

この対応案が採用され、夜間に職員一名が呼び出され、消防署へ・・・。

1時間ほどして、帰ってきた患者さんは、私の前を通るとき、ニコッと笑顔で「ありがとう。助かったわ」と。

ほんと、人騒がせなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

気まま
2012年05月30日 23:24
大変珍しい事例でとても参考になりました。
以前勤めていた病院で外来に指輪が取れなくなった患者さんが駆け込まれてきましたが、生憎ながら内科しかなかったため、Dr達も変色した指を目の前に頭を捻るばかり…
と、そこに別の患者さんを搬送してきた救急救命士が通りかかりこの患者さんを目にするとすぐに救急車のなかから指輪カッターを持ってきてくれ無事生還を果たしたということがありました。
気ままさんへ (GAKU)
2012年05月31日 01:41
気ままさん、コメント有り難うございます。
指輪を外すこと…、医療行為とはまたちょっと違いますからね。でも、そういう経験や事例に直面していないとどうしていいかわからないでしようね。
このような類(たぐい)の対応は消防の得意とする救助に属する事象なのでしょうね。
 以前にこれと似たような事例で、サイズの小さな衣服数枚を無理やり着ようとしたために上腕が締め付けられて紫色に変色した腕の処置で…
皮膚を傷めないように物差しを服と腕の間にねじ込んで鋏で切ったのを見たことがあります。
 とっさの判断というか対処法になるほどと感心したことがありました。

まっ、指輪が抜けなくなったら消防署ですね。
2012年05月31日 06:06
おはようございます。
指がえらいことになっていますね。
指輪でこんなことになるのですね、はめたことがないのでわからない感覚です。
としおちゃんへ (GAKU)
2012年05月31日 21:18
としおちゃん、コメント有り難うございます。
私も指輪を普段はめないのですが、こんな風になると痛いというか感覚が鈍麻してくるんじゃないかと思います。こわいですね。
2012年06月01日 19:41
うわ~これは酷い(>_<) 大丈夫でしたか? 私は、結婚指輪は、はまりません(>_<)
銀さんへ (GAKU)
2012年06月01日 21:49
銀さん、コメント有り難うございます。
この状態は、たぶん素人が見ても危ない状態だと解るのではないでしょうか。この方も今は難なく過ごされています。
 しかし…、私は結婚指輪がどこにあるのかも分からなくなってしまいました。
2012年06月01日 23:31
はじめまして ぴーちと申します。気持玉をありがとうございました。
NSのお仕事をされているのですね。
記事 興味深く読ませていただきました。
これからも訪問をさせていただきます。
ぴーちさんへ (GAKU)
2012年06月02日 08:05
ぴーちさん、当ブログへの訪問・コメント有り難うございます。
いろいろなテーマの記事がありますが…、読んでいただければ光栄です。また、よろしくお願いします。
もだこもよ
2012年06月04日 14:06
結婚指輪・・・さて どこにあるのやら・・・(という事は・・・はめてません!)
まだこもよさんへ (GAKU)
2012年06月04日 22:19
まだこもよさん、コメント有り難うございます。
我が家と同じ状況ですねぇ。
家内は婚約指輪は、ずっと大事に持っていますねぇ。
2012年06月17日 23:17
こんなにきつくなってしまって・・・。痛々しくて自分の指まで痛くなりそうです。
私はまだこういったケースに遭遇していませんが、これからは入院患者さんの手も観察して、指輪は早めに外してもらうようにしたいと思います。
さくらこさんへ (GAKU)
2012年06月17日 23:54
さくらこさん、コメント有り難うございます。
ほんとにこの指…、見ているだけで痛々しく感じます。放置しておくと大変なことになりそうです。
ファッションや愛の証も自分の指の状態を見てほどほどにしてもらわないといけませんね。

この記事へのトラックバック

QRコード