鉄道掘り出し写真(寝台特急「出雲」 京都駅にて)

東京発のブルートレインの牽引機がEF65PF型に変わったころの記録です。
東京発、浜田ゆきの下り「出雲」です。 電気機関車が切り離され、デーゼル機関車(DD51)が連結されるわずかな時間、談笑するスタッフの光景です。

画像


寝台特急「出雲」は、深夜、京都駅で機関車の付け替えが行われていました。
上り列車の2番ホームに逆方向から入線してきた下り「出雲」は、ここで機関車を付け替え、山陰本線へと入ります

画像


付け替えられるDD51の姿は、残念ながら記録に残せていませんでした。

画像


このころは山陰本線は、保津川沿いに険しい峡谷(保津峡)を抜けてゆくルートでした。
いまは、観光用の嵯峨野トロッコが走っているところです。

画像


上の写真は、一番線(現在の0番線)の東端で上り(東京行き)の「出雲」を待つEF65です。
日中は、梅小路機関車館のすぐ横で休憩しているようでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年12月04日 21:06
桃ちゃんのカオに見慣れてくると四角いカオのEF65がとても新鮮に見えますね。
EF65PFはJRになって塗装が変更されてしまいましたが、やはり国鉄色が一番似合いますね。
2010年12月04日 22:51
気ままさん、コメント有り難うございます。
昔は、当たり前だった国鉄色も今は貴重な存在ですね。もう一度、花形特急列車を牽かせてやりたいです。
2010年12月05日 11:08
また古いところ出てきましたね~
テールサインが絵入りになる前ですね。
2010年12月05日 11:38
としおちゃん、コメント有り難うございます。
テールマークが文字マークですから古い写真です。このとき、下り線のホームで出雲を待っていたのですが、上りホームに入線してきたので大慌てしたように思います。
よんちゃま!
2010年12月05日 15:13
15年ぐらい前に 「保津川下り」を した時に 「トロッコ列車」・・乗りましたが・・・あれは「旧山陰本線」だったのですね!(知らんかった!)こんな車両で「お店」やれたら面白いかな~と思いますが・・・かなりかかるだろうなぁ~お金が・・・・!?
2010年12月05日 17:57
よんちゃま、コメント有り難うございます。
保津川下りに京都へいらっしゃったのですね。
保津川の横を走る線が旧山陰本線だったところです。保津川下りとトロッコ列車はセットで観光される方が多いです。どちらも早くから予約しておかないと当日行って切符が手に入るものではありませんねぇ
あさかぜ
2010年12月07日 18:28
機関車交換は 横浜では見ることができませんでしたが いかにも長距離列車らしい場面ですね。それにしても 鮮やかな朱色の空に真っ白な入道雲が浮かぶ「出雲」のマークは 数あるブルトレのヘッドマークの中で ひときわ強烈なデザインだったと思います。
2010年12月07日 21:08
あさかぜさん、いつもコメント有り難うございます。機関車交換、山陰本線(嵯峨野線)が電化される前まで京都だけだったのではないでしょうか。私も出雲のヘッドマーク好きです。
列車名の由来を知ったのは後のことでした確か。3枚目の写真のヘッドマークは新調されたばかりなのか、傷一つなくピカピカでした。
文字が金色というのもいいですね
国鉄色
2012年03月31日 01:14
すごく懐かしい写真ですね。私も安来なのでいつも見ていました。牽引機は後藤所のDD51でした。引退当日の出雲行き最終列車は満員で大変な思いをして米子駅に見に行きました。
今でも、忘れずに覚えています。
国鉄色さんへ (GAKU)
2012年03月31日 09:21
国鉄色さん、コメント有り難うございます。
ブルトレ「出雲」は、真っ赤なデザインのヘッドマークが人気の寝台特急でした。
 国鉄からJRに変わってから、DD51にもヘッドマークが取り付けられるようになり、是非ともその雄姿をカメラに収めたいと願いながらもとうとう夢かないませんでした。
とうとう、「日本海」を最後に近畿圏から正統派ブルートレインの定期運行がなくなりました。でも、4月末に臨時列車として運行予定が入っていましたねぇ。撮りに行きたい。

この記事へのトラックバック

QRコード