私学助成ってなあに?

2010年7月18日、暑い日曜日
学校の保護者会から「私立高校の無償化を考える近畿の集い」というシンポジウムに行ってきました。
主催は、近畿私学助成を進める会連絡会

画像


お兄ちゃんの学校の保護者会役員をするようになって学校に関連した色々な事に触れる機会が増えました。

その一つに私学助成があります。

私立の学校の運営には、保護者が出す学費のほかに国や府県からの幾つかの補助金や就学支援金がでています。

公立高校の無償化にともない、私学に通う生徒の保護者の負担もそれなりに軽減されないかということです。

私学助成の自治体や国への働きかけは、公立高校無償化の話題が出る遥か以前からあったのですが、これを機会に関心も高まりつつあります。

公立高校に通わせている親御さんからは、「学費が高いのを承知で私立の学校に通わせているのでしょ」という声もあり、私学助成の署名活動をしている時に何とも返答に困ることもあるそうです。

確かに公立の学校は、国からの補助が手厚く、保護者の経済負担は私立に比べればかなり軽いです。

経済的には、きついけれど特色のある学校、本人が行きたい学校、中にはやむを得ず・・・、と様々な理由で私学に子供を通わせている方もたくさんいると思います。

京都府の私学(高校)の平均的な学費は64万円(年間)で決して軽いものではありません。
就学中に家庭の様々な理由で学費が払えなくなるところもでてきます。

私立高校の学費もこの平均より安いところもあれば、年間100万円近くになる学校も珍しくありません。

家庭の経済力、学費の高い安い、様々な要因が複雑に絡み合う中、いったいどれだけの補助があればいいのか?

複雑な助成のしくみや自治体の方針・事情があるけれど、

公立高校と同等の補助を受けることが平等になるのではないかと思うのですが・・・。


エピソードの一つにこんなのがありました。
ある学校で、「子供の奨学金をやむを得ず生活費に使ってしまい、どうしても学費が工面できないので待ってほしい」という手紙を親から託され、目に涙をいっぱい溜めながら担任に差し出す生徒がいたと、自分の力ではどうにもならない無力さを痛感したという話。

 こういうことが現実にたくさん起こっているかと思うと胸が詰まりそうになります。
なんとか、こういう事態だけは回避したいという願いは強くなります。

 シンポジウムの中で、ある学校の先生が言っていました。
「勉強を教えること、生徒たちの教育に専念させて欲しい・・・」と。
生徒の家計の心配までせざるを得ないこともあるということでした。

私学助成というと、学費だけのことだと思っていましたが、教育の質や環境、学力格差などにも深く関わっていて、
とても奥が深い問題であることを知りました。

子供達が生き生きと笑顔で好きな学校に通えるように、ひいてはより良い日本の為に、一人でも多くの人に関心を持って欲しいと願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年07月19日 11:23
今回のばら撒き、私には、一切恩恵がないものばっかりですわw
2010年07月19日 12:02
としおちゃん、早速のコメントありがとうございます。私たちの税金、必要なもの、無駄なものをよく吟味して大切に使われることを願います。しかし、いつまで経っても不景気や雇用不安、就職難がつづきます。
2010年07月19日 21:07
これもとても難しい問題ですね。
あっちを立てりゃ(介護・医療)こっちが立たぬ(教育関係)・・・少子高齢化で働き手が少なくなって行く一方の日本、財政確保が難しそうですね。
この際、高速道路無料化や無駄な箱物など一部の人だけが恩恵を受ける訳のわからない政策はすぐに取りやめ、政治家のお給料を2割ほどカットするだけで教育関係に回せるお金がずいぶん増えるのでは?と思いますが・・・
政治家と庶民との考えにはギャップがありすぎますね。
2010年07月19日 22:48
我が家は子供が巣立って政府の
手当てには恩恵なしで~す。
孫が学校に入る頃はどうなってるんでしょうね~
いっそ、アメリカ並みに入学自由
進級・卒業はハイレベルにしては?と…
2010年07月20日 18:38
気ままさん、こんにちは。
所得や貧富にかかわりなく、子供を安心して育てられる環境、安心して学べる環境を政府は真剣に向き合って考えないと日本の将来は大変な事になるかもしれませんね。
 理想を抽象的に語ることは誰もが同意し、うなずくことが出来るのですが、具体的にどの様な方法が…、となるととても難しい問題ではないかと思います。
教育は平等とたてまえでは言うものの、家庭の経済水準が明らかに学力に影響しているという厳しい現実があります。
 みんなが何とかしたいと思っているのに何とも出来ない世の中です。
2010年07月20日 18:44
ken/南関さん、コメントを頂きありがとうございます。子供がいて、多少の手当てが入っても焼け石に水ですね。
 中学受験でそこそこ受験に対応できる学力を…と夏期講習にやるだけでも10万円以上の費用がかかります。この不景気にホントキツイ現実です。

この記事へのトラックバック

  • 私学フェスティバル2010

    Excerpt: 昨日は、京都私学振興大会(ちょっと疲れていたので居眠りしてしまいました、ごめん)・・・、 今日、11月7日は、「京都私学フェスティバル」と連日の保護者会関連のイベント参加です。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2010-11-07 21:54
  • 「私学助成をすすめる会」 コーラス交換会

    Excerpt: 先週2月19日、「私学助成をすすめる会」主催のコーラス交換会があったので行ってきました。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2011-02-21 13:49
  • 2011 京都私学フェスティバル

    Excerpt: 11月20日、今年も 京都私学フェスティバル が開催されました。  京都府下の私立中学高校の保護者・PTA、生徒、教員が私学への助成金の適正化を求めて行っている恒例の祭典です。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2011-11-21 12:03
  • 2013 京都私学フェスティバル

    Excerpt: 今年も、恒例の京都私学フェスティバルが開催されました。  長男のアメフトの公式戦と重なったのですが、午前中に行ってきました。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2013-11-09 19:06
  • 第33回 全国父母懇談会・すすめる会 愛知大会

    Excerpt: 10月11日、12日の両日、全国父母懇談会が愛知の豊橋で開催され、 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2014-10-18 12:44

QRコード