EQを磨く (感情をコントロールし、心の柔軟性を高めよう)

今日、職場で勉強会があり、研修の伝達講習を短時間ですが受けてきました。
講習の受け売りになりますが・・・。

知能指数(IQ:intelligence quotient)に対比させたものに

EQ(感情指数:emotional Quotient)というものがあるそうです。

EQとは、・・・

自分の思考や感情を理解し、受け止める能力、あるいは、
他者の思考や感情を理解し受け止める能力のことを指す。
とあります。

相手の言う事を傾聴し、理解して、自分の感情との折り合いをつけながら、相手の意見を受け止めていく、といった心の柔軟性みたいなものなのかなぁ、と理解しました。

指数の算出の仕方などは、わからないのですが・・・。

こんな例が出ていました。
例えば、「携帯メールを送ったのにすぐに返事が返ってこない」ということに対して、

1)「なんで直ぐに返してこないのか、直ぐに返事をするのが常識だろ」
2)「まぁ、いろいろな人もいるし、ちゃんと見てくれているよ」

1)では、自分の固定観念に当てはまらなければ、相手を批判的に捉えてしまう(柔軟性に欠け、EQが低いパターン)

2)多少、思い通りにならなくても感情をコントロールし冷静な態度に調整できている(EQが比較的高いパターン)


要は、感情の起伏を自己でコントロールしながら、冷静な判断や態度で折り合いをつけていくことが、リーダーには求められているという話でした。

感情をコントロールするための7つのポイント
自己と向き合うためのEQ
①自己観察
②自己認識
③感情のマネージメント
④主体的選択
⑤楽観的な捉え方

他者と向き合うためのEQ
⑥他者理解
⑦目的を持った関わりのマネージメント

7つのポイントを多少なりとも意識しながら、自己のEQが高くなるよう磨きをかけましょう。

何だか難しい話になりましたが・・・、

感情をコントロールすることによって心の柔軟性を高めようという話でした。


※伝達講習をしてくれたAさん有難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年11月28日 20:38
感情のコントロールって とても難しい時があります。今日は「お茶が来てない!」と突然怒鳴られ、やっとのことで「申し訳ありません」と言いました。
本当は「そんなに怒鳴らなくてもいいじゃない!今日はスタッフが少ないから時間がかかってるの!歩けるんだから自分で汲んだらどうよ!」と言いたかったです。
患者を相手に 本気でイラっとしてしまう自分をなんとかしたいです・・・。
2009年11月29日 11:30
さくらこさん、いつもコメント有難うございます。気持ちのどこかで「患者さんだから。」と割り切る部分が必要なときもあると思います。
私も暴言を吐かれたり、時には唾を吐きかけられることもあります。対等な立場でまともに受け取ると殴り合いの喧嘩になるかもしれません。精神科と一般科の違いはあるかもしれませんが、…。なんて、言うと人権的な部分にかかわってくるし…。微妙ですが、ご参考までに。

この記事へのトラックバック

QRコード