鉄道掘り出し写真 (583系急行「きたぐに」 朝日の中を走り来る)

原色の583系「きたぐに」です。
まぶしい朝の光の中を終着駅の大阪駅を目指してやってきました。

画像

               1994年ごろ??、山崎付近にて

「きたぐに」は、ずいぶん昔からある夜行、寝台つきの急行列車です。
もともと、機関車が牽引する列車の形態をとっていました。郵便車や荷物車が編成に組み込まれていました。
九州行きの寝台特急「明星」が廃止された頃から、電車寝台583系で運行されはじめ、絵入りマークになる前は「急行」の表示だったように思います。

ブルートレイン全盛期には、ほとんど意識した事のない列車でしたが、現在では唯一583系で編成される列車として注目度があがっています。

夜遅く、朝早い時間帯の列車なのでなかなか撮影には気合がいります。

ブログ内の関連記事
『寝台急行「きたぐに」で出張に行く』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月05日 19:48
「きたぐに」ブルトレ全盛期のころはあまり興味を持たなかったんですが、寝台列車自体が少なくなった今では希少な存在ですね。
2009年11月05日 21:34
気ままさん、コメント有難うございます。
一日、一往復しかない「きたぐに」ですが、
向町操車場には、細切れで常時3編成くらいの583系がだぶついています。
 今後の動向が気になるところです。
2009年11月06日 19:03
こんばんは~
1994年頃、一番休鉄していた頃です。583系、国鉄色ですね。
2009年11月06日 20:46
としおちゃん、コメント有難うございます
 私もこの後、しばらく休鉄して…
あかつきと併結だった明星はなくなっているし、20系寝台はなくなっているし…、キハ82が全滅していたし、大変革が起こっていました。
2009年11月09日 09:54
寝台車に乗ってみたい、と思い続けて もう何年経ったでしょう。。休み日数の都合上どうしても早い電車とか飛行機を利用してしまいます。寝台車に乗るための旅行を計画しないと一生乗れずじまいになりそうですね。
2009年11月09日 19:17
さくらこさん、いつもコメント有難うございます
 まさに、おっしゃるとおり、乗るための計画を立てないと乗る機会がないです。
 寝台列車は、目的地に朝到着するので到着したその日の日中を無駄なく使えるという利点があります。勤務終了後の夜に旅立つとかできます。
 これから乗車する寝台列車が入線してくるときのワクワク感がたまらなく好きです。
あさかぜ
2009年11月10日 08:05
583系、子供の頃は「月光」形と呼んでいましたが、こうしてまだまだ現役なのが嬉しいですね。オリジナル塗装に戻っていたとは知りませんでした。
上野口では、昼間の「はつかり」「みちのく」、夜行の「はくつる」「ゆうづる」の他、「ひばり」の一部にも使われていました。やはり長距離列車に似合う車両ですね。
2009年11月10日 18:06
あさかぜ様、古い記事にも丁寧なコメントを頂き有難うございます。この車両、「月光型」と呼ばれていましたねぇ。寝台と座席の転換ができる画期的な車両です。その特性を生かし昼間の特急列車にもよく使われていました。
 残念ながら、この記事の写真は10年以上前の掘り出し写真なので塗装変更前の撮影です。
 しかし、廃車直前には、0系新幹線のようにオリジナル塗装に戻されるかもしれませんねぇ。「月光」や「金星」などのリバイバル運転も期待したいです。無理かなぁ…、やっぱり

この記事へのトラックバック

QRコード