スズメバチ

9月も中ごろ、そろそろクワガタ採集も今シーズンは終わりにしようかと・・・、とりあえずポイントの下見にいって来ました。ノコギリクワガタやミヤマクワガタなどのシーズン中に命を終えるものはいなくなりますが、クワガタが採れなくなる訳ではありません。

画像


 むしろ、カブトや他の採集者がめっきりと少なくなり、採集のチャンスではあるのです。
秋が近づき、採集をやめようと思う一番の原因は・・・、

スズメバチです。


巣が最も大きくなり、エサが不足してくるこの時期、シーズンを通して一番攻撃的になる時期です。
秋から晩秋にかけて全国各地で蜂刺され事故が相次ぎます。
毎年、スズメバチに刺されてなくなる方も少なくはありません。


この時期は、巣のみならず餌場である樹液ポイントに対しても縄張り意識が強くなり、近づくものに警戒を示します。
オオスズメバチよりも少し小型でやや薄い黄色をしたキイロスズメバチが一番攻撃的で危険と言われています。

 攻撃の前に人の周りを飛び回ったり、羽音を大きくしてホバリングしてカチカチと歯を鳴らしたりします。動体視力が優れているそうで払いのけるような早い動きに敏感に反応し攻撃します。蜂の警戒行動を感じたらゆっくりした動きで後ずさりするように蜂から離れます。走ると蜂を刺激しますし、飛行速度は人間が走るより遥かに速いです。

ということで、秋の日中のクワガタ採集は、極力避ける方がいいでしょう。

夜間もスズメバチたちは、樹液ポイントに残っています。
ただ、夜は見えていないので懐中電灯めがけてアタックしてきます。
夜間採集は、まだ蜂から逃げるすべがあります。

蜂刺され事故でなくなる原因の多くは、アナフィラキシー・ショックですが、
初めてさされる人よりも過去に刺されたことの有る人がなりやすいと言われています。
 このメカニズムは、以前に刺されたときにできる蜂毒に対する抗体が過剰反応を起こし呼吸困難や心停止などの症状を呈するものだと言われています。

最近では、エピペンなる強心剤の注射キットなどもあり、林業従事者などが蜂刺され対策として所持する例もあると聞いています。
 蜂に刺されたときに重篤なアナフィラキシー・ショックに陥り意識がなくなってしまう前に蜂と戦いながら、自分の足や腕にこれを突き刺して強心剤を自分で注射するという修羅場のような状況を想像させます。
 秋の昆虫採集もほどほどに・・・、というところでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年10月01日 21:04
そうですね、この時期になるとスズメバチの気性が急に荒くなり少しの刺激だけで攻撃してきますね。
林業に携わる方もこの季節は命がけのようですね。そんな中でアナフィラキシーショックに一般の人でも使えるように工夫されたエピペンは万が一の時に頼もしい製品となるでしょうね。
2009年10月01日 21:32
気ままさん、いつも素早いコメント有難うございます。
この下見のときに日中でもコクワガタがウロウロとあちこちに観察できました。
 ある意味、この蜂たちが採集者の採りすぎを阻止しているのかなぁ、なんて思いました。
 この数日後、今シーズンラストの採集に出かけました。蜂は怖いけど、山はまだまだにぎわっているなぁという感じでした。
2009年10月02日 18:26
こんばんは~
スズメバチ、マムシより怖いみたいですね。
2009年10月02日 20:24
としおちゃん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
採集中にマムシに会った事は、少ないですねぇ。日中の樹液ポイントには、必ずと言ってよいほどスズメバチがいますねぇ。
 でも、スズメバチがいるから樹液が出て、昆虫達が寄ってくるという重要な役割を果たしています。木の繊維を鋭い歯で噛み切らない程度にしがんで、木の養分をにじみ出させているんですよ。
2009年10月02日 22:26
ついこの間"エピペンの使い方"を読んだばかりです。緊急時はこの注射を服の上から ブッ刺すのですよね。。「え?消毒しないの?」と思いましたが、そんなのんびりしていたら・・・考えただけで恐ろしいです。。
2009年10月02日 23:04
さくらこさん、いつもコメント有難うございます。エピペン知っていらっしゃったのですね。まぁ、あまりお世話になりたくない代物ですけど、子供達を引率して採集にでかけたり、ボーイスカウトなどの里山で活動する団体のスタッフは、万が一のために救急箱のなかに常備しておく必要があるかもしれませんね。
2009年10月08日 11:10
お早う御座います!少しご無沙汰していました。
私も2日前にコナラの根元で大きいスズメバチに
遭遇しました。
そういう場所に行ってたんで、いるだろうとは思ってましたよ。
そこはまたニホンミツバチもたまに見かける場所ですよ。
何年か前に(今は団地に住んでますが)まだ一軒家で箕面の方に居た頃に、自宅の門柱に5cmぐらいはあるオオスズメがじっとしていて
門を通らないと家に入れないですよ~って感じで
わずか30cmぐらい離れてソ~っと入りましたけど、その時オオスズメったら私の方を体の向きも変えながら睨みつけてて…人間みたいっていうか、スズメバチに人格みたいの感じました
「見逃したるわっ!」ってスズメバチに言われたみたい…
2009年10月09日 07:30
ちぬぅさん、コメント有難うございます。
昆虫で人間と命がけの駆け引きをするのは、スズメバチくらいでしょうね。蜂も人間も互いに注意を払いながら一定の距離を置いている。お互いの圏内に入らず遠ざかれば、それぞれにホッとしているのかもしれないですねぇ。刺された時の痛みと腫れは半端じゃないみたいです。

この記事へのトラックバック

QRコード