オオクワガタを育てよう(産卵木から幼虫を割り出す)

オオクワガタ飼育の続編です。
前回は、成虫に卵を産ませるための産卵セットについて書きました。

産卵木をセットしてからだいたい2ヶ月くらい経つと、写真のように木をかじって穴を掘ります。

画像


産卵木がこのような状態になっていれば、親虫が産卵して木の中に幼虫がいる可能性が高いです。

産卵木は、手で割れるくらいの柔らかさになっていて、幼虫を潰してしまわないように慎重に剥がしていきます。

幼虫が採れたときのためにプリンカップ状のプラスチック容器などに発酵マットや菌糸材を詰めたものを用意しておくといいです。

画像


卵がでてきました。卵をみつけたら・・・、そのままマットの中に埋めもどして幼虫になってから別容器に移したほうがいいです。外に出してしまうと孵化しないことが多いです。

画像


オオクワガタの幼虫がいました。
幼虫飼育のポイントは、小さなうちに良質のエサを与えると大きな成虫になります。
幼虫が木の中を食べ進んできた後がありますが、別容器に移すときはその木屑を一緒にいれておきましょう。

エサの消化には、ある種のバクテリアの助けが必要で親虫がかじった木屑にはそれが含まれています。
成長が進んだ大きな幼虫の体内には、そのバクテリアがたくさんあるので新しい環境でも大丈夫ですが、小さなものは未だ未熟なので食痕をいれます。

画像


クワガタの幼虫は、木の中で生活していますが、頭の部分以外は柔らかいです。
木の中に居るので、隙間のない状態で生活しているように思われがちですが、幼虫の周辺には常にある一定の空間ができていて部屋のようになっています。ゴロンと横たわったような状態で少しずつ強靭な歯で木を食べながら進んでいきます。

カブトムシの幼虫のように共存はしないので一つの容器に1頭が原則です。

この産卵木から10匹程度とれましたが、そのまま置いておくと淘汰されて1匹か2匹になります。

親虫が木の中で掘り当てると多分、絶好の蛋白源として捕食されてしまいます。

割り出した幼虫がオスなのかメスなのか気になるところですが・・・
メスの幼虫は、脱皮後しばらくの間、お尻から2番目か3番目の節のあたりにツブツブが透けて見えるそうです。
成虫になってから産むたまごが、もう幼虫のなかにあります。
オスの幼虫は、これといった決め手はないのですが・・・、経験から言うと、小さいときはわかりませんが、体が大きく、頭部がメスに比べて大きいものが雄になります。
回数をこなすとなんとなくわかります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年09月13日 01:11
オオクワガタの幼虫から飼育・・
すごいですね。僕は子供の頃
こういうのやったことがないのですが
なんか飼育途中を見てると 生き物の持つ力に感動させられますね。
2009年09月13日 08:14
しゅうさん、ようこそ。
コメント有難うございます。
クワガタがブリードできるようになったのは大人になってからですねぇ。
 昆虫の変態は、何度みても不思議で神秘的です。何で芋虫がクワガタの形になるのか、と徹夜で見ていたことも何度かあります。
 幼虫から蛹になる前に蛹室(蛹になるための部屋)を作りますが、ちゃんと大顎が伸展したときの大きさを計算したかのように本能的につくるのが不思議です。

この記事へのトラックバック

QRコード