オーストラリアからの贈り物

オーストラリアからの贈り物が届きました。
今年の夏も箕面自由学園小学校、恒例のホームステイ体験学校が行われました。
総勢29名の子供達が参加したようです。

お兄ちゃんは、もうこの学校を卒業していますが、昨年受け入れた家庭から我が家に贈り物が託されたようです。

一緒に添えられたカードには、「日本の学生が我が家に来るたびにあなたを思い出す」と英語で書かれていました。

我が家の子供達にCUTEなマグカップの贈り物。

早速、ティータイムの様子を写真にとってメールで送りました。

画像


カードの最後には、「私達はまたいつか再会できる」とあります。

再会できる日を夢見て…、遠く赤道を隔てた人たちを思う。

関連記事: 「ホームステイ受入れ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年09月17日 04:43
素敵なマグカップ、如何にもオーストラリア!そんな感じですね。
このカップを使うたびに遠く離れた異国のお友達の事を思売って素敵な事ですね。
心が豊かに成れそうです。

トップの写真(車)すごい!☆彡
2008年09月17日 06:30
ビオラさん、ご訪問有難うございます。
コメントを頂き嬉しいです。
オーストラリアはまだ寒いそうです。
日本とは季節が逆ですからねぇ。
人種や国は異なっても人間同士心が通じ合うっていいですね。感動の再会はいつになることやら…。

トップの車は、愛車のフェアレディです。
ただいま、修理で入院中です。
のんちゃん
2008年09月25日 01:32
遠く離れた地のお友達からとても素敵なプレゼントが届いたのですね♪♪きっとお兄ちゃんはホームスティ先で色々な事を学んだのでしょう。だから今度はオーストラリアから日本に来られたお友達にも、恩返しをと思い、バディを受け入れられたのですね!!語学は勿論の事、様々な国の文化や生活習慣の違いを、この多感な時期に体験する事はとても大切だと思います。今すぐにはお兄ちゃんも分からないかもしれませんが、この体験はきっと、心身共に成長させてくれるはずです。世界の舞台で活躍出来る、真の国際人を目指し頑張ってください(*^o^*)
2008年09月25日 23:26
のんちゃんさん、いつも丁寧なコメントを頂き、有難うございます。
息子、娘達は国際人になりますかねぇ。
でも、海外に外国人のお友達がいるというのは、冷静に考えてみれば凄いことです。
私の子供のころを考えると、例えメールのやり取りだけにしても想像できません。
しーちん
2009年04月27日 14:49
初めまして!私の息子も将来、箕自初等科へ進む予定で 今年幼稚園へ入園しました…
何の情報や知り合いもなく、施設や環境のよさだけを見て飛び込んでしまい…一般家庭の分際で私学なんて行けるのか??…とか…私達親はお馬鹿なのに他の親御さん達と付き合えるのかなぁ…とか…(ノ_・。)
毎日不安の中ガクさんに出会えました(T^T)(嬉泣)
少し初等科の事が見えてきて嬉しかったです。


これからも、お邪魔させていただきます(^^ゞ

どうも、失礼しました。
2009年04月27日 18:26
しーちんさん、ようこそ。
箕面自由学園は、素晴らしい学園だと思います。体験学習を通して豊かな心が育まれると感じます。先生方も非常に熱心で子供達への温かさを感じます。毎朝、坂の上で欠かさず校長先生や教頭先生が登校してくる生徒達に声を掛け迎える姿が印象的です。
 小学校高学年でのホームスティ体験とオーストラリアの学生を家庭に受け入れた体験は、長男の世界観と進路に大きな影響を与えたように思います。先生方は、幼稚園、小学校問わず本当に献身的にして下さる方ばかりです。
しーちんさんも先生を応援し支えてくださいね
もう、た~くさん、教えたいけど・・・書ききれないほどです。
また、コメントくださいねぇ

この記事へのトラックバック

QRコード