いざと言うとき、患者様を守るためにあなたはどう対処しますか?

画像
明日の研究発表テーマは「大規模災害に対する意識調査」です。院内の発表会で一年間の成果を発表です。まぁ、こんな感じで・・・・。

・ もし、私たちの勤務する病院が被災地になったらどのような状態になるかを考えたことが
  あるでしょうか。
・ 倒壊の危険があり、エレベータが停電で使えないとき、
  重症患者をどうやって避難させるのだろうか?
・ 避難誘導中、措置入院の患者様がエスケープしてしまったら、
  その責任は誰にかかるのだろうか?
・ ここは病院であり、地域の一般の被災者が応急処置を求めて多数やってきたら、
  ましてや夜間だったら。
  判断に苦慮する事柄が山積し、その対応と責任はどうなるのだろうか。
  私たちもこのような疑問から研究をスタートさせた。
大切なことは、職員の一人ひとりが災害時に陥るであろう状況をイメージし、
危機感を高めることである。
そして、いざという時に備えて「今の自分に何ができるのか」を考える必要があるのではないか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GAKU
2006年02月21日 22:31
看護研究発表は、会場の皆さんの反響も高くよかったです。
Nさん、Hさん、職場のみなさん有難うございました。

この記事へのトラックバック

QRコード