テーマ:旅行

2018 ディズニーワールド (ファンタズミック、水と光のスペクタクルショー)

広いシアターが毎回満員になるほど人気のショー。ハリウッドスタジオで一日一回、夕刻から始まります。 ディズニーアニメから抜け出してきた悪役たちとミッキーが対決するストーリー 華々しくミッキーが登場 水、花火、水のスクリーン、レーザービーム、特殊効果を駆使した演出は感動ものです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド ( 驚愕のアバター・フライ・アトラクション)

アニマルキングダムに新しくできたPANDORA(パンドラ)エリア、パーク入口からシンボルのTREE of LIFEを右手に見ながらパーク左方向へ開園と同時に小走りで向かいます。 異様な形をした巨大な岩、不思議で怪しげな植物、アバターをテーマにしたPANDORAエリアはSF世界の中に迷い込んだような感覚になります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド ( EPCOT )

四大テーマパークのEPCOT (エプコット) をレポします。 他国のディズニーにはないタイプのテーマパーク 他のテーマパークに比べて地味なイメージがありますが、ゆっくりと落ち着いて過ごせる癒し系のパークです。 銀色の球体のシンボルは、地球をイメージしているのでしょうか。 パーク内は綺麗な花が随所で見られます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド (Disney's Hollywood Studio)

ディズニーワールド、4日目。 今日はディズニー映画がテーマとなっているハリウッドスタジオに来ました。 朝から、ディズニーの直営ホテル ALL STAR MOVEY を出発します。 ディズニーワールド内を乗り放題で利用できる Disny Tranceport というバスで20分くらいでパークに到着 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド (Fineding NEMO ミュージカル)

ディズニーワールド、アニマルキングダムのファインデング「ニモ」のミュージカルを見ました。 日本でも多くの人が知っているディズニーのアニメ「ファインデイング ニモ」 クマノミという可愛い魚の親子の物語 すべて、英語での舞台ですが、アニメ映画を見てストリーを知っていたら言葉の壁は問題ないかなぁ。 魚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド (Animal Kingdam)

ワールドディズニー、2日目は動物たちの王国アニマルキングダムに行きました。 このテーマパークのシンボルは、ツリー・オブ・ライフ 大きな大木がパークの中央にそびえ立っています。 このテーマパークは生き物をテーマとして、アフリカ、アジア、ダイナランドなど6つのエリアから構成されています。 朝一番、開園と同時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 ディズニーワールド (Magic Kingdam)

アメリカ、フロリダ州 オーランドのディズニーワールドに10年ぶりに家族で戻ってきました。 メイン4大パークからなるディズニーワールド、敷地面積は東京ディズニーの250倍との現地旅行会社スタッフの談あり。 第一日目は、シンデレラ城がシンボルの Malgic Kingdam (マジックキングダム)、アトラクションやイベン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飛行機の写真を撮る

5,6年に一度の家族旅行が久しぶりに実現し、飛行機の写真を撮りました。 職場に旅客機の写真を撮る人がいて、私も刺激されて旅客機の写真をいつになくたくさん撮ってみました。 カラフルな飛行機がいろいろとりあります。 キティちゃんラッピッングも 今日は、このユナイテッド航空でサンフランシスコまで9時間の長旅で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥取観光と言えば、鳥取砂丘!

U-30、鳥取旅行記。 今回は、日本最大級の砂丘、鳥取砂丘です。 山陰地方、鳥取県東部、鳥取市福部町にあり、南北2km、東西16km、最大起伏47mということです。 この日は、曇り空で強い風が吹いていました。 バスの駐車場からリフトにのって砂丘へ向かいます。 私自身、鳥取砂丘は二回目、今は大学生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倉吉 赤瓦・白壁土蔵群

職場旅行レポートのつづき。 今回は鳥取県・倉吉市の赤瓦・白壁土蔵群です。 倉吉市新町、魚町、東仲町周辺の建物は江戸・明治期に建てられた建築物の面影が残る街として国重要伝統的建造物保存地区にしていされています。 穏やかに流れる玉川沿いの白壁の建物、撮影のロケにもよく使われているそうです。 川には大きな鯉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「因幡の白うさぎ」で有名な白兎神社

職場の若者たち(U-30)が企画した職員旅行の続きです。 山陰地方は、むかし、むかし因幡(いなば)の国と呼ばれており、「因幡の白兎」が有名です。 この白兎に因んだ神社「白兎(はくと)神社」を訪れました。 この神社は、古事記、日本書紀に記された由緒の明らかな神社で、日本医療の発祥の地にあると記載があります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国庭園 燕趙園(えんちょうえん)

職場の旅行で鳥取県東郷湖の畔にある中国庭園 燕趙園に訪れる機会がありました。 燕趙園は、鳥取県と中国河北省との友好提携のシンボルとして建設された日本最大級の中国庭園だそうです。 庭園に到着してまず入るのが、大きな狛犬のような獅子のいる燕趙門 ここをくぐると、中国感たっぷりな庭園が広がります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (夏の嵯峨野 常寂光寺)

真夏の嵐山、嵯峨野めぐり、常寂光寺です。 覚悟はしていたが、猛暑の中の散策はなかなかバテます。 山門から一足踏み入れると、雰囲気が一転します。 拝観料400円を払って入ってゆくと急な階段 静寂が支配する境内では、時間がゆっくりとながれ、静けさと自然と文化が織りなす情景が心に染み込んできます …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (嵐山から嵯峨野へ、2016年夏)

梅雨明けの強い夏の日差しの中、京都嵐山から嵯峨野方面を散策します。 京都嵐山といえば、まず思い浮かべるのが 渡月橋 です。  嵐山の紅葉は、とても有名ですが、それはまたの機会にお預けとして・・・ 真夏の嵐山、青い空に渡月橋の文字が映えます。 風光明媚な景色に屋形船がよくマッチします。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (旅の終わり)

先月末から、連載してきた「感動のイタリア旅行」記もいよいよ終わりです。 ローマでの散策を終え、夕食後、ホテルで少し休んだあと、早朝2時に帰国の途に就きます。  「感動のイタリア旅行」記事を最初から見る方は・・・、ココをクリックしてください レストランにバスが着くまでの道のり、バスの中からローマの風景をファインダー越…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (ポンペイの遺跡)

フィレンツェからイタリアの新幹線EUROSTARに乗ってナポリに来ました。 イタリアの有名な遺跡、ポンペイを訪れます。 ※ヴェスヴィオ火山とポンペイの遺跡 イタリア・ナポリの中心街からポンペイへ向けて出発 ナポリの街は、交通量が多く、ちょっとヤンチャな気質だとか・・・、日本で言えば、大阪の様な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (イタリア新幹線 EURO STAR でナポリへ)

フィレンツェ観光を終え、サンタマリア・ノヴェッラ駅からナポリへ向けて出発です。 イタリア語で 「赤い矢」 を意味するネーミングが付けられています。 私たちの乗る列車が入線してきました。 電子方向幕にEUROSTAR の表示、8号車に乗ります。 途中、ローマ駅で進行方向がかわり、ナポ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (イタリア国鉄を撮る)

感動のイタリア旅行シリーズ、まだしばらく続きます。 フィレンツェの観光を終え、翌朝は列車でナポリへの移動となりました。 列車を待つ間、自由時間がありましたので、鉄道好きの人には願ってもないチャンスが訪れました。 それほど、鉄道に興味がない方も記念に列車の写真を撮っていた方が多かったように思います。 フィレンツ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (花の都フィレンツェ ・ ルネッサンス文化の街)

イタリア・トスカーナ州の州都、フィレンツェへやってきました。 15世紀ごろ、織物と銀行で財を築いた豪商メディチ家がルネッサンス文化の扉を開いた街で知られます。 観光の手始めは、街から離れたアルノ川対岸にあるミケランジェロ広場からフィレンツェの街を一望します。 宮殿やドゥオーモを一望。遥か向こう側には雪を頂い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (水の都 ベネチア)

いよいよ、水の都、ベネチアです。 国際映画祭が行われることでも有名ですね。 港からサンマルコ広場めざして20分ほどの船旅です。 さぁ、白いクルーザーに乗って・・・とツアーの誰もが思ったのではないでしょうか? 15人の小グループの私たちの乗る船は・・・、右端に見える木製の古風な小舟・・・です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (悲恋物語「ロミオとジュリエッタ」の街 ベローナ散策)

ミラノからベネチアへ向けてバスが出発 途中、ベローナ(BERONA)という街に訪れました。 この街は、シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」が生まれるきっかけとなった街 正式には、ジュリエットの「ト」は男性を表す語尾なので「ジュリエッタ」が正しいそうですよ。 イタリアで2番目に長い川、アディジェ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 ( 伝統工芸 カメオ )

イタリア旅行のツアーで必ずと言ってよいほど、紹介されるのが、伝統工芸品のカメオです。 貝を削って、美しい女性の姿などを浮き彫りにした作品が代表的なものです。 旅行会社と高級装飾品の免税店が提携して、ツアーの旅行者はもれなく紹介され、 職人さんが、貝を削る姿を目にします。 美しく高価なのも理解できま…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

感動のイタリア旅行 (ファッションの街 ミラノを行く)

感動のイタリア旅行 第一日目 ミラノと言えば、ファッションの街 ナポレオン統治時代に繊維産業や製造業が盛んになり、アルマーニ、ヴェルサーチやプラダなどの有名ブランドを生んだ街として知られています。 スカラ座などの観光スポットをまわりました。 広場に針と糸をイメージしたモニュメントが最近、出来たそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感動のイタリア旅行

三月は、卒業式などやることが公私にわたり多く、とても慌ただしくなりました。 そんな中、昨年秋ごろより、家内が計画していた家族旅行が実現しました。 「卒業を祝う会」の記事もアップしたかったけれど、あっという間に時が過ぎて、旅行に突入してしまいました。 いろいろ、あるけれど・・・、強硬突破で決行です。 約9日間の日程でイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

関宿と信楽(しがらき)たぬき一日ツアー

しばらく、前の話になりますが・・・ 信楽方面へバスツアーに行ってまいりました。 実はこのバスツアー、地元の有名議員さんの後援会が企画してくださり、お誘いを頂いたものです。 また、この議員さんについては、別に記事にしようと思います。10/15からの国会・本会議がんばって下さい。 滋賀県を通り越し・・・、三重の亀山の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

思い出のエジプト旅行 (ピラミッドとスフィンクス)

テレビや写真で見て知ってはいるものの 実際に実物を目の前にするとその偉大さに目を見張ります。 このおなじみの光景ですが、誰もが感動します。 砂漠にそそり立つ巨大な四角推の石の山、ピラミッド ピラミッドの前を走る観光バスと比較すれば、その巨大さが、うかがい知れます。 ピラミッドの斜面に入り口が見えます…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

思い出のエジプト旅行(ツタンカーメンの黄金のマスク)

ず~っと昔、サラリーマンをやっていた頃に行ったエジプト旅行の写真が何枚か出てきたのでアップします。 エジプト考古学博物館に展示されていた・・・、あの有名な ツタンカーメンの黄金のマスク 何千年という時を経ても朽ちることなく永遠に輝き続けるマスク。 この金色の輝きに圧倒されたことを先日のように思い出されます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2012 由布院散策

大学見学ツアー2日目、午前中に由布院散策を満喫して午後から京都へと帰ります。 前日のお宿は、由布院駅近くの「山水館」、駅前付近から「湯の坪横丁」を経て金鱗湖へ向かいました。 昨年は、大雨でホテルから一歩も外に出ることができないままに帰京したのを思い出します。 昨晩もかなり雨が降り、今日の散策も心配でしたが、…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

癒しの京都 (祇園祭の夜)

子供のころから、京都に近い所に住んでいるというのに祇園祭はテレビのニュースで見るだけだった。 娘は毎年、友人と祭りに行って楽しんでいる。 娘が「お父さんも行ってみたら・・・、一度は行かないと人生のうち3%は損するよ」と… 以前から、祇園祭の提灯で飾られた山鉾を撮ってみたいと思っていたので行ってみることにしました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

グランドキャニオンの思い出

随分と以前の事です。 高校1年のお兄ちゃんが4年生のころ、カリフォルニアのアナハイムに家族旅行をしました。 アナハイムのディズニーランドが50周年の年でした。  オプショナルツアーで、グランドキャニオンに行くことになり、後先考えずに申し込みました。 壮大な大自然が織りなす造形は、言葉を失うほどの感動です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

QRコード