テーマ:観光

世界の名画を大塚国際美術館で見る

2020年8月末、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました。この美術館では世界の名画が陶板に忠実に再現されています。陶板に再現することで経年劣化がほとんどない状態で見ることができるという特徴があるようです。絵画の大きさもほぼ原寸大だったように思います。 美術館のメインホール、システィーナホールです。本物は、バチカン市国のバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福井・金沢旅行 (U-30企画)

私が勤めている病院には、U-30という30歳以下の若い職員で組織する集まりがあって、職場に活気を与えてくれる頼もしい集団です。彼らが企画してくれた職場旅行に参加してきたのでアップします。 まずは、大阪から北陸道へ入り、福井県の永平寺へ向かいました。バスを降りて昼食を堪能した後、まだ雪の残る境内を散策します。境内の案内図をみてその広…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の北京旅行 ( 万里の長城をゆく )

さて、中国といえば、万里の長城北京旅行の二日目は、観光用に最も整備されたスポットにいきます。 入り口付近で昼食をすませ、いよいよ長城体験です。観光客で結構込み合っています。 入り口から左右に分かれ右側が「女坂」、左側に行くと「男坂」で多くの観光客、7割くらいの人が登りやすいなだらかな「女坂」の方に行きます。 ちょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の北京旅行 ( 壮大なスケール 故宮博物院 )

天安門を抜けると眼前に故宮があらわれます。 中国歴代の皇帝・皇后が活躍した場所です。 大きな建築物に圧倒されますが、ここはまだ故宮博物院の入り口です。中はまだまだすごい。 下の写真は午門と呼ばれる故宮の入り口、一日8万人の入場制限があります。 外国人の入場にはパスポートの提示が必要です。ツアーは代表者2~3名の提示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の北京旅行 (天安門広場)

北京空港を後にして、10名程度の小さなツアーはマイクロバスで天安門広場に向かいました。 マイクロバスを降りてしばらく歩くとテレビや雑誌でおなじみの風景が見えてきました。 広大な天安門広場 広場は多くの観光客でにぎわっています。ガイドのシュウさん(女性)の案内でいろいろと解説を受けながら進んでいきます。 天安門の反対側には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の北京旅行 ( Air China で北京へ)

過日、2泊3日の北京旅行に出かけました。少しずつ連載で旅行の記録を残していこうと思います。 関西空港から一路、北京へ向かいます。 北京では市内観光、万里の長城、中国雑技団などを観光してきます。 3時間ほどのフライトで北京空港に到着とてつもなく広い空港で、アジア圏のハブ空港となる存在です。関西空港の2倍以上の広さがあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水瀬神宮枝垂れ桜

桜の開花が発表され、いよいよ満開にむけて花が咲き始めました。 大阪府島本町の水瀬神宮に行く機会があり、境内に枝垂れ桜があり、ぱちりと撮ってきました。 この水瀬神宮は、大阪府と京都の境、山崎にほど近い場所にあります。 神宮内には日本100名水に選ばれた取水場所があり、朝から多くの人が名水を求めて行列ができます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

癒しの京都 (京都東山 永観堂の紅葉)

きれいな紅葉を見たいとずっと思っていました。 今日しかない・・・、京都へ行こうと思い立ちました。 紅葉の名所、永観堂へと向かいました。 京都地下鉄、東西線の蹴上駅を出て南禅寺方向へと足を運びます。インクラインをくぐるレンガ造りのトンネルを抜けると赤く色づいた木々が目に入ります。 落ち着いた雰囲気の道を歩…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2018 ComComはにコット イベント・救護所を担当する

私の勤務している病院が、今年もイベントの救護所を担当するお話をいただき、同僚がその救護所派遣となったのでのぞきに行ってきました。 このお話が来た時に人選をするよう下命をうけ、同僚看護師にお願いをしました。 ComComはにコットは、市がバックアップしている一大イベントで、古墳が多いこの地域ならではのお祭りイベントです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄誓寺(じょうせいじ)の春

今年の春はあまり遠出をせず、ご近所のお寺にお花見に出かけました。 いつものジョギングコースを今日はカメラを手にして出かけました。 街のあちこちに桜の花が、ここに居るよとばかりに花を咲かせてアピールしています。 何気なく桜の木に気付かず通っている小径も花のトンネルになっています。 西…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鳥取観光と言えば、鳥取砂丘!

U-30、鳥取旅行記。 今回は、日本最大級の砂丘、鳥取砂丘です。 山陰地方、鳥取県東部、鳥取市福部町にあり、南北2km、東西16km、最大起伏47mということです。 この日は、曇り空で強い風が吹いていました。 バスの駐車場からリフトにのって砂丘へ向かいます。 私自身、鳥取砂丘は二回目、今は大学生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倉吉 赤瓦・白壁土蔵群

職場旅行レポートのつづき。 今回は鳥取県・倉吉市の赤瓦・白壁土蔵群です。 倉吉市新町、魚町、東仲町周辺の建物は江戸・明治期に建てられた建築物の面影が残る街として国重要伝統的建造物保存地区にしていされています。 穏やかに流れる玉川沿いの白壁の建物、撮影のロケにもよく使われているそうです。 川には大きな鯉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「因幡の白うさぎ」で有名な白兎神社

職場の若者たち(U-30)が企画した職員旅行の続きです。 山陰地方は、むかし、むかし因幡(いなば)の国と呼ばれており、「因幡の白兎」が有名です。 この白兎に因んだ神社「白兎(はくと)神社」を訪れました。 この神社は、古事記、日本書紀に記された由緒の明らかな神社で、日本医療の発祥の地にあると記載があります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国庭園 燕趙園(えんちょうえん)

職場の旅行で鳥取県東郷湖の畔にある中国庭園 燕趙園に訪れる機会がありました。 燕趙園は、鳥取県と中国河北省との友好提携のシンボルとして建設された日本最大級の中国庭園だそうです。 庭園に到着してまず入るのが、大きな狛犬のような獅子のいる燕趙門 ここをくぐると、中国感たっぷりな庭園が広がります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (南禅寺の紅葉)

京都の秋が深まって、紅葉も見ごろとなっています。 京都の蹴上駅から南禅寺方面へ歩き、インクラインを超えると雰囲気がガラリと変わり、美しく色づいた紅葉が目に入ります。 いい感じのシーンがあちこちにあります。 紅葉撮影では、フラッシュを使用すると手前のもみじが赤く映えます。 夕方から用…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽の塔

大阪万博記念公園の自然文化園内にある太陽の塔を撮りました。 1970年、大阪吹田市で開催された万国博覧会の象徴です。 博覧会当時とは、ずいぶんと周辺の様子も様変わりしていますが、太陽の塔はそのまま残されています。 博覧会当時、両親に連れられて博覧会に行き、迷子札を首からさげていたことを微かに覚えています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

動物園に行こう (天王寺動物園)

この夏、天王寺動物園に出かけてきました。 この夏は、よく動物園巡りを家内としました。 大阪で最もポピュラーな動物園、天王寺動物園です。 今回のベストショットは・・・、 大阪名物、通天閣を背景にたたずむヤギさんの雄姿、 なかなか、おもしろい組み合わせです。 急斜面の岩山を上手に行き来しています。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (夏の嵯峨野 常寂光寺)

真夏の嵐山、嵯峨野めぐり、常寂光寺です。 覚悟はしていたが、猛暑の中の散策はなかなかバテます。 山門から一足踏み入れると、雰囲気が一転します。 拝観料400円を払って入ってゆくと急な階段 静寂が支配する境内では、時間がゆっくりとながれ、静けさと自然と文化が織りなす情景が心に染み込んできます …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (嵐山から嵯峨野へ、2016年夏)

梅雨明けの強い夏の日差しの中、京都嵐山から嵯峨野方面を散策します。 京都嵐山といえば、まず思い浮かべるのが 渡月橋 です。  嵐山の紅葉は、とても有名ですが、それはまたの機会にお預けとして・・・ 真夏の嵐山、青い空に渡月橋の文字が映えます。 風光明媚な景色に屋形船がよくマッチします。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (下賀茂神社)

京都で最強のパワースポットと噂されている下賀茂神社にやってきました。 京阪、出町柳から北側へ向かうと下賀茂神社の参道に入ります。 砂利道の広い参道を進むと鳥居が見えてきます。 参道の両側は、深く茂った木立、きれいに澄んだ小川も流れています。 境内に漂う空気も神聖な感じがしました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都鉄道博物館

今年(2016年)春にオープンした京都鉄道博物館に来ました。 以前は梅小路蒸気機関車館だった場所を拡大し、リニューアルオープンして鉄道博物館となりました。 入口に近づくと、初代新幹線の先頭車両が柵超しに見えてきます。 今は新幹線の種類も多種多様ですが、東海道・山陽新幹線の開業当時はすべて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

動物園に行こう (神戸どうぶつ王国)

以前にも一度来たことがあるのですが、その時は「神戸花鳥園」だったと思います。 猛獣や大型の動物はいませんが、鳥たちを中心に柵のない自然な環境で触れ合える素晴らしいところです。 スタッフの合図で、一斉に飛んできたペリカンさんたち。 ちゃくすい----っ!! ご褒美のおさかな をもらってご…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

動物園に行こう (王子動物園)

先日、アメフトの試合観戦で神戸の王子スタジアムに行きましたが、早く着きすぎてしまったので、隣接する王子動物園に行きました。 ほんの短い時間で、多くは見れませんでしたが、動物たちの様子をとってみました。 今日のベストショットはこれ  アムールヒョウ、獲物を狙うような…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒しの京都 (佛光寺)

京都四条烏丸を南に下り、仏光寺通を東へ向かうと佛光寺があります。 烏丸通り西側にある京都私学会館には時々来る用事があるのでこの辺りにはよく来ていましたが、仏光寺に来るのは初めてです。 門をくぐると、正面に本堂があります。 「ようこそ、参拝に来ていただきありがとうございます」と書いてあったと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「~に触れる」水族館 NIFREL(ニフレル)

EXPO CITYにある話題の水族館 NIFREL (ニフレル) この水族館のテーマは「触れる」で 「季節(春)に触れる」、「わざに触れる」、「うごきに触れる」・・・、たくさんの「触れる」が詰まった楽しい水族館です。 「すみかにふれる」、カクレクマノミのすみかはイソギンチャク、敵から守ってくれるイソギンチャクは心地よ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

EXPO CITY

大阪 吹田市にあるEXPO CITY にいってきました。 万博記念公園内の旧エキスポランドの跡地にオープンした施設です。 多数の飲食店や映画館、水族館などがあり、家族で一日楽しめるアミューズメント施設です。 グルメなお店がたくさん、おなか一杯になりそうですね。 ガンダム好きには、たまらない・・・、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2016 こいのぼりフェスタ 救護所を担当する

晴れやかな、ゴールデンウィーク いかがお過ごしでしょうか。 近隣地域の こいのぼりイベントの会場で、私の勤務する病院が救護所を担当することになり、派遣スタッフとして行ってきました。 空いっぱいに泳ぐ こいのぼり は見ごたえがありました。 はにわマスコット「はにたん」もすっかり この風景になじんでいます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちゃ、チャ茶だんご!! ギネスイベントに参加しました

2016年3月6日、宇治名産の茶だんごを連ねてギネスレコードに挑戦するイベントが開催され、参加してきました。 宇治市や商工会など多くの団体が協調、協力して開催されました。 宇治公園の宇治上神社から平等院までを茶だんごでつなげて、ギネスレコードの認定を目指す一大イベントでした。 イベントに参加した人たちは、自分の…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ルーブル美術館展に行ってきました。

いま、京都市美術館でルーブル美術館展が開催されているので行ってきました。 フランス・ルーブル美術館の絵画が日本にやってきました。写真の「天文学者」はフエルメールの傑作、初来日です。 17世紀の人々の日常生活を中心とした作品です。 館内での撮影は禁止です。 音声ガイド(550円)を手にして、館内を回…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2015 こいのぼりフェスタ 救護所を担当する

ゴールデンウィークはじめ、地域のこいのぼりイベントで勤務する病院が救護所を担当しました。 あさ早くからたくさんのこども・家族連れの人々で賑わいました。 地域の青年会議所が中心となって自治体、消防、福祉施設、各種団体が協力して恒例の一大イベントとなっています。 わたしの勤務する病院が救護所として依頼を受けたのは今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

QRコード