テーマ:看護

2012 地域防災訓練

11月18日、雨上がりの日曜日  勤務している病院が、地域自治会、消防署、地域の消防団、自治体の危機管理課と協力して防災訓練を実施しました。 普段の病院業務以外にこうした地域イベントへの参加は、地域貢献として重要な取り組みです。  今回の内容は、・・・  消火訓練  搬送訓練  煙体験  応…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

腰椎横突起骨折

保護者会行事の付属四校交流会の10月27日(土)、お兄ちゃんはアメフトの公式戦でした。 保護者会の行事は、担当でもあり重要な行事でしたので、長男の試合は見に行かず交流会に出ました。 試合がどうなったか、アメフト部の保護者の方から速報を頂くことになっていました。 夕刻、懇親会も終盤に差し掛かったころ、試合には勝ったが、息子がフィ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

2012年度 日精看 看護研究発表会

今年2月に院内の看護研究発表会で我が病棟の看護研究が日精看の大阪大会にエントリーされました。 その論文発表会があり、発表してきました。 今回は、ポスター掲示による発表形式で発表してきました。 掲示による発表では、常に会場内に掲示されているのでアピール性が高く、印象に残りやすいという利点があります。 1…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

足がぁ・・・、たいへん!

随分と以前の話ですが。 とある平和な病棟勤務の昼下がり・・・ ひとりの患者様が、「ちょっと、足が痛くて歩きにくいんですけど・・・」と左足を引きずりながら詰所へやってきました。 「じぁ、ちょっと見せてくれますか・・・」 まぁ、みんな、足が臭いことが多いんだけど・・・、ちょっと変な匂いがする。 靴下には浸出液、嫌な予感がし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

病院防災訓練

6月26日、職場(病院)で防災訓練がありました。 訓練の内容は、火災発生を想定したものです。 三階の病室から出火という想定です。 火災報知器が作動し、病棟の職員が初期消火にあたります。 消火器を持って駆けつけ、消すマネをします。 同時に、ホールの消火栓からホースを伸ばし、実際には放水しませんが・・・、これも消すマネをし…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

指輪によるうっ血

先日の夜勤、ある病棟から直ぐに来てほしい…と当直の師長さんから連絡が入った。 すぐに駆けつけ、ある患者さんの手を見ると・・・、大変  びっしりと嵌まり込んだ指輪の指先が、とてつもなくうっ血・・・。 循環障害を起こしています。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

新入職オリエンテーションでCPCRを教える

今年度も新たな仲間が加わります。 新しく配属になる職種には、医師、看護師、薬剤師、作業療法士、ヘルパー、病院事務・・・ 様々な職種の人々で病院は成り立っています。 4月の初めから3日間、院内で仕事に従事するためのオリエンテーションがおこなわれました。 この3日間のオリエンテーションの最後の項目で3時間の大枠に CPCR …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2011年度 院内 看護研究 発表会

思い起こせば…、昨年の春、勤務の病棟で看護研究の担当にあたりテーマを何にしようかと思いを巡らせていました。  長期入院患者の多い、当院でもチーム医療や退院促進、退院支援という言葉が折にふれて聞かれます。 「しかし、若い青年時代から10年以上も入院生活を続けている患者やその家族は、本当に退院を望んでいるのか…」 そんな、疑問…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

鬼爪、おばけタコ退治

「歩きにくいので切ってくれるぅ」と患者さまが詰所にやってきました。 なんじゃこりゃーーーっと声は出しませんでしたが・・・、笑顔で「すごい事になってますねぇ」と応える。 白癬で分厚くなり、まるで鬼のように伸びた爪 そして・・・、まるで6本目の指が生えてきたかのような おばけタコ しかも両足・・・ そりゃ、歩きに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

疥癬(かいせん) 対応

入院患者から疥癬(かいせん)感染者がでました。 近年、一般家庭では少ないですが、老人療養病棟や高齢者の多い介護施設などで時折症例が見受けられるようです。 疥癬は、ヒゼンダニというダニが皮膚の角質部に寄生して起こる感染症のひとつです。 膨隆した赤い湿疹が脇や股間部などに出来て激しい痒みがあります。 密な接触や感…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

医療安全 危険予知トレーニング 研修報告

大阪府看護協会の研修に先日、行ってきました。 今回の研修は、医療安全「危険予知トレーニング」という研修でした。 職場でも安全委員をやっているので・・・。 ちよっと、お堅い内容ですが、興味のある方はご一読ください。 研修報告書丸写し状態で記事アップです。{%おじぎち…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

統合失調症は遺伝するのか

 統合失調症、この疾患は案外身近な疾患で、100人に一人くらいの割合でかかるという統計データがあります。 病気の原因は、脳内で神経の伝達物質であるドーパミンの分泌バランスが崩れていることが関係していると考えられています。 以前は精神分裂病と呼ばれていました。 以前の病名は、病気や症状を適切に表現できていないために病名から受…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

何かと多用な今日この頃…

5月後半から6月、仕事の勤務シフトは、日勤・夜勤・休みのパターンを繰り返す毎日、合間に日勤が連続して入る。 6月は祝祭日も少なく休みが少ないような感じがする。  今年も長男の学校保護者会の役員をやらせて貰っています。 今年度、新たにスタートしたメンバーで頑張っています。{%学校hdeco%…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

やられたぁ !

今日(4/12)は、日勤・・・。 朝から、患者さんの他科受診に付き添い、午後から担当の委員会に出て・・・、病棟の資料整理をしていた。 平穏な一日が過ぎようとしていた。 詰所入り口付近のパソコンの画面に向かい、資料作成中・・・。 後頭部に・・・、鈍い音とともに、強烈な衝撃
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

応急手当普及員 再講習

市の消防本部から認定を受けた応急手当普及員の更新時期が来ました。 この日のために、お仕事も休み希望を入れました。 昨年、1年間で市内での救急要請は1万6千件あまりあったそうです。 重症度は・・・   軽症   (受診のみで入院の必要なし)   中等症  (入院3週間未満)   重症   死亡 の4種類…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

心肺蘇生(CPCR)ガイドライン改定

2010年、AHAにより心肺蘇生術のガイドラインの改定がなされました。 私の勤務する病院でもこれに準拠した形で蘇生手順の変更を周知していかなければなりません。 ※ AHA : American Heart Association アメリカ心臓協会 専門的な医療器具を使わない一次救命処置(BLS:Basic L…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

流行性胃腸炎、ロタウィルスに感染する

先日、小学校の長女が学校から帰宅後、突然39.0℃の高熱を出し、激しい嘔吐を繰り返しました。 噴水のように吐き出される食物残渣…。 ビニール袋や洗面器を用意していても間に合わず、嘔吐物が吹き上がってきます。 とうとう寝る布団がなくなってしまい、私の寝床を提供することになる始末。 あっという間に洗濯物の山が築かれてしまいました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

CPCR普及班のゆくえ

2007年より活動を続けてきたCPCR普及班、昨年末に一旦活動を見合わせることが決まり、今年三月で普及活動を休みました。  CPCR普及班では、院内での急変対応としてBLS/AEDの講習、精神科で比較的多いとされるのど詰・窒息時の対応について講習をおこなってきました。 昨年度はのべ500名を超える職員の参加があり、一次救命から二…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

モイスト ウンド ヒーリング (傷の湿潤治療)

私が子供の頃は、擦り傷や切ギズなど、怪我をすると・・・ 早く傷を乾かして乾燥させ、瘡蓋(かさぶた)を造って治す事が一般的な常識でした。 瘡蓋(かさぶた)は、皮膚の欠損部をカバーするためにでき、その下に新しい皮膚が形成され、傷が治癒します。 しかし、治癒のスピードが遅く、傷跡が残る点が指摘されています。 特に膝や…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

異動

2010年5月6日、日勤業務 その日は、5月16日付けの異動の発表がある日だった。 1階のフロアは、精神科男子急性期病棟。 看護師、看護補助(ヘルパーさん)2つの病棟あわせて総勢50人以上の職員がいる。 ここで、この10年来、異動していないのは、私と看護主任、2名だけ ここ2、3年は、異動の時期になると「そろそ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

糞便を食する者

お食事前後の方は、お控えください。 タイトルからして、なかなかショッキングな出来事なのですが・・・。 精神科急性期病棟に長く勤務していると数年に1度くらい遭遇することがあります。 老年科や痴呆病棟でもあるかもしれないです。 最近の事例では、以前から尿失禁や尿失敗の多い人でしたが、便を異食するような…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

挨拶とマナー

先日、院内教育で「精神看護について」というテーマで講義がありました。 精神看護と一言で言っても、とても1時間の講義で話せるものではないし、同じ病名であっても患者さん一人ひとりその病態や対応が異なります。  ただ、病棟でのスタッフの患者さんへの接遇や態度がとても大切であるという事でした。 「人は、見た目の第一印象によって、相…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

個人的な妄想を持つ患者との一夜

新年初の夜勤、今回は少々気分が落ち込んでしまいました。 現在入院中の患者様で父親との折り合いが悪く、男性の看護師に対する嫌悪が強い人がいます。 女性のスタッフが対応するときは、それ程、問題がないのですが、男性スタッフを見ると形相が険しくなり睨み付けたり、罵声を浴びせるといった具合です。 特に私に対…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

イギリス渡航経験者は献血できないんだって

今日は、休み。 午前中、用事を済ませて自転車で帰宅する途中、駅前に献血車がとまっていた。 一生懸命に呼びかけるスタッフに・・・、「久しぶりに献血していこか。」と受付へいった。 献血カードは、家に忘れたけどデータの照合でちゃんと分かるようになっています。 献血暦35回 受付や問診も慣れたものですが、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

EQを磨く (感情をコントロールし、心の柔軟性を高めよう)

今日、職場で勉強会があり、研修の伝達講習を短時間ですが受けてきました。 講習の受け売りになりますが・・・。 知能指数(IQ:intelligence quotient)に対比させたものに EQ(感情指数:emotional Quotient)というものがあるそうです。 EQとは、・・・ 自分の思考や感情を理解し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「誰がおまえに期待なんかしてんねん!アホか!」 (ある先輩看護師の洗礼)

ある優秀な新人看護師が、ある程度業務もこなし、夜勤にも慣れてきた頃・・・。 プリセプターでもある先輩看護師に言う 「だいぶん仕事できるようになってきましたか、先輩から見てどうですか。」と・・・。 仕事にも慣れ、一応、一通りのことが出来るようになったころ、まわりの同僚や先輩、所属長がどの様に評価し、期待してくれているのか、という…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

家族から新型インフルエンザ感染者

10月6日、仕事も休みで家でのんびりしていた。 長女の小学校から電話が入った。 保健室の先生からで「39℃の高熱を出して保健室で休んでいます。お迎えをお願いします」ということだった。 朝は平熱だったけど、前日から喉が痛いといっていた。 車での送迎は厳禁なんだけど、先生のほうから車での送迎をすすめてくれた。 自宅からの送迎に2時…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

マジ・・・、電池飲み込んだって!

今日は、夜勤明けです。 ドタバタとした夜勤がおわりました。 夜勤に入って間もなく、夕食の時間になります。 Sさんは、食堂にも行こうとせず、ベッドの上にうずくまるように座っています。 夕食後薬も拒薬・・・。 1時間ほどして、病棟詰所に誘導し、食事と服薬をすすめる。 看護師Aさん「調子を崩すから薬だけでも飲んどき…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

新型インフルエンザ世界的流行の兆し

 毎日、テレビや新聞で取り上げられている新型インフルエンザ、メキシコで150人以上の死者を出し、アメリカ、カナダにも感染者が出ています。 豚由来のインフルエンザ(H1N1型)は、フェーズ5(人から人への感染がおこる)にレベルが引き上げられました。 人の行き来がスピード化した現代において複数の国にまたがって感染者が報告され、パン…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

CPCR普及班 2008年度 活動報告

春を迎え、新しい年度がスタートします。 昨年4月から2009年3月までに合計11回の一次救命と異物除去の講習を院内で行いました。 医師、看護師、ヘルパー、医事・総務などの事務部門、OT、薬局、栄養課など、 さまざまな職種の方々に参加していただきました。 2008年度の受講者は、179名(のべ266名)の職員が受講…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

QRコード