寝台特急「サンライズ出雲」伯備線高梁川橋梁を渡る

11月8日の伯備線遠征の続きです。

東京発の寝台特急サンライズ出雲が伯備線を通っています。大阪を深夜に出て車を飛ばしてきたのも、このサンライズを撮ることができるかもしれないからです。

下りの出雲号は早朝に岡山駅でサンライズ瀬戸号と分割し、新見駅に7:14に到着の予定です。

高梁川第一橋梁で「もしや、もしや」とサンライズを待ちましたが、7:14までにはとっくに通過しているはずなのですが、7:30を過ぎても来ず、8:00前にあきらめて特急「やくも」を撮るべく移動をはじめました。

鉄橋が呻るたびに振り向くと普通電車が鉄橋を渡っていました。

しかし、次の鉄橋の響きが甲高い重そうな音で振り向くと・・・

伯備線サンライズ出雲号 (1).jpg

寝台特急「サンライズ出雲」が鉄橋を通過中・・・、「やられたぁーーっ」て感じです。
手元のカメラを超望遠にして鉄橋の方を撮りました。時刻表上では約1時間の遅れです。

遠くからですが、とにかくシャッターを切りました。

伯備線サンライズ出雲号 (2).jpg

洗練された美しいサンライズの編成が美しい景色の中を走っていきます。

伯備線サンライズ出雲号 (7).jpg

第一橋梁を通過してすぐに第二橋梁を渡ります。

二階建ての個室寝台の人たちが早朝の伯備線の車窓を見ています。

伯備線サンライズ出雲号 (11).jpg

いつか、またリベンジします。


伯備線サンライズ出雲号 (12).jpg

寝台特急「サンライズ出雲」は東京と島根の出雲市を結んでいます。
東京ー岡山間は「サンライズ瀬戸」と併合運転で岡山駅で切り離されて「瀬戸号」は瀬戸大橋をわたって高松へ
「出雲号」は島根方面へ行きます。サンライズは定期運行されている唯一残る寝台特急で貴重な存在です。


サンライズEXP関連記事


"寝台特急「サンライズ出雲」伯備線高梁川橋梁を渡る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード