2016 京都私学フェスティバル

2016年11月13日、京都 円山音楽堂で恒例の京都私学フェスティバルが開催されました。

教員、保護者、生徒たちが、教育の機会均等と学費負担の軽減を目指したフェスティバルです。

舞台では、生徒たちの様々な演技や取り組みの紹介、議員を招いての対談が行われ、最後は四条河原町までパレードを行います。

画像


各学校の保護者と教職員が協力してフランクフルトややきそば、やきとり、たこ焼きなどの模擬店を出します。

私も朝からお手伝いに行ってきました。

画像


生徒たちも日頃取り組んでいる支援活動などのブースの準備に追われています。

画像


画像


そうこうしているうちに、舞台では、迫力のある太鼓の音が響いてきました。

画像


画像


画像


京都の各学校のクラブ・団体の出し物が、次々と披露されます。

ダンスあり

画像


画像


バトントワリングあり・・・

画像


画像


画像


保護者のコーラスあり・・・

画像


画像


躍動的なチアリーディング・・・、

お兄ちゃんが通っていた学校のチア、レイチャーズ

画像


今日は、アクロバットもちょっと控えめかな・・・

画像


画像


画像


そして、今日は、私学助成を応援してくれている議員さんが生徒たちの質問に答えてくれました。

画像


消費税1%分の税金で保育所から高校まで公私問わず全ての生徒の無償化が、2%強で高等教育(大学)までの学費の無償化が実現できる財源が確保できるそうです。

画像


先進国の中でも日本が子ども達の教育に使う税金は半分程度にしかなっていないということでした。

画像


ノルウェーなどの北欧諸国のように・・・、すべての子どもや親たちがお金のことを心配せずに教育が受けられる日が来ることを願っています。

今年度限りで娘が高校を卒業するので、ここへ来るのも今年が最後なのかもしれません。

でも、この国の未来をになう子供たちとその親のため、そしてこの国のより良い明日のために・・・

この活動をこれからも応援していきたいと思います。

"2016 京都私学フェスティバル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード