「~に触れる」水族館 NIFREL(ニフレル)

EXPO CITYにある話題の水族館 NIFREL (ニフレル)

この水族館のテーマは「触れる」で 「季節(春)に触れる」、「わざに触れる」、「うごきに触れる」・・・、たくさんの「触れる」が詰まった楽しい水族館です。

画像


「すみかにふれる」、カクレクマノミのすみかはイソギンチャク、敵から守ってくれるイソギンチャクは心地よい住処(すみか)であり、パートナーです。

画像


赤い色が鮮やかなエビ、きれいで心も和みます。

画像


魚たちが展示してある水槽の部屋は照明を暗くしてあり、ガラスの反射が少なく水槽の中をよく観察できるよう工夫してあります。

画像


画像



クラゲの水槽、海水浴で遭遇すると刺されそうで怖いけど・・・、水槽の外から鑑賞するクラゲは神秘的で綺麗です。

画像


画像


おちょぼ口の魚、動き方に特徴があり、少し動いては止まる動作を繰り返します。

ここにきて、動きを確かめてみてください。

画像


下の写真・・・、どこにいるか、わかりますかぁ?

画像


「ここ、ここ!」 目が出ているでしょ! ヒラメですよぉ~っ


画像


「うにぁぁぁぁぁぁ~っ」、これは、グロテスク。 クモヒトデです。素手で触ろうという気にはなれません。



画像


水族館の館長、お気に入りのお魚だそうですよ

画像



おもいのほか、よく動くカブトガニ、ひっくり返るとエイリアンのような足が刺激的です。

画像



画像


サメの水槽です。あまり動かないおとなしいサメです。

餌の時間に合図でスタッフの足元にやってきます。 餌を食べるときの吸引力は一見の価値ありです。

画像


画像


画像


魚と触れ合える体験コーナー、水槽に指をいれるとたくさん寄ってきて皮膚の角質を食べてくれます。

痛くはないです。こそばい。

画像



おさかな、いろいろ、・・・ 。

画像


画像


画像


いつまで見ていても飽きません。

画像


かわいいの、 怖そうなの、 不思議なもの ・・・ 生き物っておもしろい。

画像


画像


画像


画像


下の写真、体の中が透けて見える魚、ナマズの仲間だそうです。

画像


画像


途中、地球を宇宙から見ているような不思議な感覚になる部屋、ここで一休みです。

画像


画像


なんだか、ゴム人形みたいな白いカエル

画像


画像


ヤドカリ・・・

水族館の中で話題になっているもの・・・

出店の前に列ができています。

画像


EATING WATER (食べる水) です。  250円也、興味あり、これも経験です。

画像


画像


ほんのり、甘みがついています。 不思議な感じ、結構、食べるのむずかしい。

お口から、迎えに行ってください。  ぜったい、ツルンと下に落として食べれなかった人いると思います。

画像


水族館なので、お魚や水生生物ばかりかと思っていたので・・・、びっくりしました。

これ !

画像


貫禄のホワイトタイガー (ベンガルトラ)

画像


迫力満点でした。

画像


次は・・・、ワニさん。  水面に目だけ出して何かを狙って待ちかまえているような映像をテレビでよく見ますが、

画像


実は・・・、超リラックスして二本足で立っています。ふわーっと浮いたような状態になっています。



ミニカバ、お食事中。

画像


最後は、いろいろな生き物が一つの部屋で共存するコーナー

鳥やおさる は 部屋の中を自由に動き回っています。

画像


画像


カピパラさんもいます。

画像


画像


画像


楽しい水族館巡り、いかがでしたかぁ。

入場料1900円、たのしく、見ごたえのある内容、高くはないと思います。 また、行ってみたいと思えます。

最後まで見ていただいて、ありがとうございました。

"「~に触れる」水族館 NIFREL(ニフレル)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード