特急「しなの」 大阪-長野間の運転終了決まる

特急「しなの」は、主に名古屋と長野を結ぶ特急として活躍しています。

キハ181型気動車が使用されていた国鉄時代から、大阪-長野間を結ぶ1往復がありましたが、

2016年3月で大阪-長野を結ぶ一往復が廃止となる事がJRから発表されました。

画像


写真は、国鉄時代の381系「しなの」です。
大学生のころ、信州の志賀高原でスキーの帰り、長野15:00発、大阪行きの「しなの」に間一髪、乗車して帰ってきたことを懐かしく思い出しました。

画像


現在は、この車両、現在の多くの新型特急車両の正面には、特急の名称がないのですが、「しなの」にはちゃんと昔ながらの絵入マークが前後の先頭車両に掲げられているのがうれしいです。

画像


近畿圏で「しなの」が見れるのもあと半月ほどとなってしまいました。

画像


特急「しなの」 関連記事


鉄道掘り出し写真 (特急「しなの」)

鉄道掘り出し写真 (特急「しなの」 すべては高速でカーブを駆け抜ける為に)

"特急「しなの」 大阪-長野間の運転終了決まる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード