娘の書道展覧会 「夏雲多奇峰」

大阪市立美術館にて書道展があり、娘の作品が展示されるとのことで・・・
お兄ちゃんのアメフト公式戦を・・・、おあずけにして、こちらに来ました。

画像


作品は「夏雲多奇峰」 どのような情景を詠んだものなのでしょうか。

また、娘に聴いて、追記したいと思います。

画像


会場には、所狭しと書道家のすごい作品が展示されていました。

画像


画像


そして、いつも娘がお世話になっている、雪峰先生の作品も・・・

画像


これも、すごい。

画像



娘の作品を探し当て、雪峰先生と記念撮影です。

画像


今回は、大阪府教育委員会賞(中学の部)と素晴らしい賞をいただきました。

いつも、指導を頂いている雪峰先生のおかげです。

日頃、小学生の様な字を書いている私とは・・・、雲泥の差です。

夕刻近く、通天閣を望みながら美術館をあとにしました。

画像


2013.1.15 追記
記事作成時は、「夏雲多苛峰」としていましたが・・・、
正しくは、「夏雲多奇峰」でした。
娘にこの意味を尋ねると・・・

「山の上にかかる夏雲は、実に色々な形のものがあって興味深い」という事らしいです。

"娘の書道展覧会 「夏雲多奇峰」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード