2011 京都私学フェスティバル

11月20日、今年も 京都私学フェスティバル が開催されました。
 京都府下の私立中学高校の保護者・PTA、生徒、教員が私学への助成金の適正化を求めて行っている恒例の祭典です。

画像


我が校、保護者会、教員で模擬店を担当、品目は恒例の「焼きそば」です。

各校、担当する品目が毎年決まっています。 今年は入り口付近のもっとも人通りが多い場所です。

画像


準備を進める中、ステージでは子供たちのプログラムが始まりました。

同志社中学校の和太鼓でオープニングの始まりです。

画像


ステージ・プログラムは、演技・ダンス、歌、私学助成の活動や震災ボランティアの報告など最後のパレードまで盛りだくさんの内容です。

画像


今回も、少しだけ私学助成について説明させてください。
ここ数年で、長らく地道に私立の学校が取り組んできた助成金の活動によって成果が出てきました。
ひとつは、公立高校の学費無償化に見られるように国や自治体から出る学校への助成金が見直され、公私ともに増額が実現しました。
 これに伴い、学費が払えないなどの経済的事情による私立高校の退学者が大幅に減少したとの報告があります。
 とは、言っても私立高校や中学への助成金は、十分とは言えない状況にあります。
下の写真は、私学フェスティバルの会場に掲示してある図表ですが・・・

画像


私学の受けている生徒一人当たりの助成金は、公立の学校よりもかなり少ないことがお分かりいただけると思います。

 子供を公立に通わせている世帯も、私立に通わせている世帯も同じように税金を国や自治体に収めているはずなのに・・・、私立の学校に通う生徒には、公立の学校の生徒の半分以下の助成しかなされていないというのが現状です。

 同じように日本の未来を担う子供たちなのに、これほどの格差があるのは、やはり不平等と言わざるを得ません。

一言に教育助成と言っても、その出どころは国、自治体にまたがり・・・、府県の自治体ごとに助成額や府県にまたがる対応もまちまちで複雑な仕組みとなっています。

画像


住居と同じ府県の学校に通う生徒と府県をまたがって通学する生徒では、自治体からうける助成額に大きな差が生まれます。 というか、府県をまたがると自治体からの助成が受けられないと言った方がよいでしょう。

画像


  年収500万円の世帯まで助成の対象となりかなりの進歩はあったものの・・・、それ以上のところでもうワンクッション欲しい所です。

 公立の学校に通わせている親からは、「お金がいることを覚悟で私立に行かしているんでしょ」と声が聞こえてきそうなところですが・・・。

せめて、公立の学校の生徒と同等の教育助成を受けられるように してくださいと声を大きくしたいところです。

画像


フェスティバルの会場内で、子供たちの活動やパフォーマンスが盛り上がっているなか、

表の通りでは・・・、保護者の私学助成委員さんたちの懸命な私学助成の署名活動が行われていました。

画像


子供たちが、在学中に助成金の適正化がすぐに実現するわけではないけれど・・・。

でも、何十年も前から、根気強く引き継がれながら、つづけてきた活動の途中。

画像


 公私の不公平が明確で適正化が必要なのは明白なのに、どうしてそれを是正することがこんなにも困難なのだろうか。  地道にアピールしていくしかないのでしょうか。 多くの犠牲をはらいながら・・・。


え~っ、ステージでは・・・、各校の保護者が出す模擬店のアピールの時間も作ってくれましたぁ。

画像


「ちよっと、小腹がすいたら・・・、やきそば 買ってねぇ」、と・・・。

なんと、このあと用意した300食が、昼過ぎで完売してしまいました。


子供たちのまっすぐな思い、とどけ被災地に・・・。

画像


 そして、その取組とパワーには、脱帽ですね。

画像


 東日本大震災の被災地のみなさん、そしてその復興にエールを送る君たちも・・・

「あした もっと えがおに」 

画像




画像



画像



画像


画像


画像


学校や学年もちがう生徒たちが、それぞれの思いを胸に、この日のために心を一つにして準備してきたフェスティバルもフィナーレを迎えます。

画像


仕事、家庭、いろいろと大変な中、ご協力いただきました生徒保護者、私学助成委員、教職員のみなさま、
ありがとうございました。

画像


そして、会場をあとにして・・・

四条通りを河原町までパレードして 京都私学フェスティバルの幕を閉じましたぁ。

過去の関連記事

 私学助成ってなぁに?

 私学フェスティバル 2010 


PS. パレード中、朗報が入りましたぁ。立命館宇治サッカー部、京都大会優勝  全国大会出場へ  

"2011 京都私学フェスティバル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード