クワガタ採集033(夕方の樹液レストラン・ウォッチング)

まだ日が高い夏の夕刻、樹液ポイントに行きました。
各地で大雨の被害をもたらした今年の梅雨でした。
山の中も各所に小さな小川が出来ていて、林道がぬかるんでいます。

画像


ほどなく、樹液ポイントに到着・・・。
樹液の甘酸っぱい匂いが、ツーンと匂ってきます。
スズメバチやカナブンたちが樹液に群れています。
日中は、スズメバチがいるので、不用意に木に近づくことは危険です。

この時期のスズメバチは、それ程、攻撃的ではないので刺激しなければ襲ってくることはあまりありません。

夜になるとカブトやクワガタたちがこの場所にやってきます。

ミヤマクワガタは日中でも樹液ポイントに来ていることがよくあります。今日は来ていません。

画像


樹液が出ている場所の全体像は、こんな感じです。
毎年、樹液が良く出る樹は、樹皮がめくれてこんな感じになります。
そして、樹皮と幹の境目から樹液が出ています。


画像


このポイントには、スズメバチが来ていません。
カナブンたちがいる直ぐ近くの樹皮の下を覗いて見ると・・・、

やっぱり、いました。 ヒラタクワガタ

画像


♂のヒラタクワガタが、頭を手前にしてこちらのほうを向いていました。

大き目のヒラタがいる付近には、スズメバチがいない事がよくあります。

画像


スズメバチは、コクワガタくらいなら追い払いますが、やはりヒラタにはかなわないのでしょうね。
凶暴な大顎で挟まれると、スズメバチでもひとたまりもありません。

画像


日が傾き、森の中が暗くなり始めた頃、蜂とカナブンしかいなかったポイントに

コクワガタが何処からともなく現れました。

今日は、木の根元の落ち葉などを除けて、ミヤマクワガタを探したのですがいませんでした。

梅雨もそろそろ明けるころですが、とにかく蚊がメチャクチャ多くて大変でした。

帰りの林道で、カラスアゲハを見つけました。

湿った土から水を吸っているようです。

画像


なんとか、カメラには納めましたが、図鑑などに載っているきれいな姿で撮るのは至難の業ですねぇ。

自然のものは難しいなぁ。

今日は、撮影メインで、最後のコクワくん、1匹だけお持ち帰りしました。

"クワガタ採集033(夕方の樹液レストラン・ウォッチング)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード