鉄道掘り出し写真 (583系急行「きたぐに」 朝日の中を走り来る)

原色の583系「きたぐに」です。
まぶしい朝の光の中を終着駅の大阪駅を目指してやってきました。

画像

               1994年ごろ??、山崎付近にて

「きたぐに」は、ずいぶん昔からある夜行、寝台つきの急行列車です。
もともと、機関車が牽引する列車の形態をとっていました。郵便車や荷物車が編成に組み込まれていました。
九州行きの寝台特急「明星」が廃止された頃から、電車寝台583系で運行されはじめ、絵入りマークになる前は「急行」の表示だったように思います。

ブルートレイン全盛期には、ほとんど意識した事のない列車でしたが、現在では唯一583系で編成される列車として注目度があがっています。

夜遅く、朝早い時間帯の列車なのでなかなか撮影には気合がいります。

ブログ内の関連記事
『寝台急行「きたぐに」で出張に行く』

"鉄道掘り出し写真 (583系急行「きたぐに」 朝日の中を走り来る)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード