昆虫標本をつくろう (箕面クワガタ探検隊10月の例会)

飼っていた大切なクワガタやカブトムシが死んでしまったら・・・、みなさんはどうしていますか。
庭などにお墓をつくって、埋めていますか?

箕面クワガタ探検隊の10月のテーマは「標本をつくろう」でした。
 カッコイイ、クワガタやカブトを標本としてとっておけば、冬でも成虫の姿を眺めて楽しむことができます。

画像


とくに外国産の珍しいクワガタを持っていて、不幸にも★になったら標本にしていつまでもカッコイイ姿を保存して楽しむことができます。

画像

この夏、★になってしまったクワガタやカブトムシたち・・・

★になって形のあるうちに取り出して、形を整えます。
昆虫図鑑などを参考にして、大顎の開き具合や足の形を整えます。


画像


へんな形で関節などが固まってしまったものは、水やお湯につけて柔らかくします。

みんな熱心に形を整える作業をしています。

画像

発泡スチロールやコルクボードなどに待ち針をつかって形が崩れないように固定してゆきます。

縮こまっている触覚も出して、また縮こまらないように固定してゆきます。
懲りだすと・・・、足の爪の向きまで気になりだします。

このまま、1ヶ月ほど陰干しをすると待ち針を全て外しても体が固まっています。

最後は、名称、採取年月日、採集場所などを記載したラベルごと1本の昆虫針で標本箱に固定して出来上がりです。

他にライブ標本といって木に停まらせたままの形で標本にする人もいます。ショップなどでは時々見かけます。
まるで生きているかのように展示されていますねぇ。



え~っ、我が家のライブ標本・・・、オオクワガタ。
画像


というか・・・、★になったものを屋外の木に付けて放置しているだけ・・・です。標本とは言いません。
でも、台風や雨風にも負けず、夏からずっと頑張っています。 



"昆虫標本をつくろう (箕面クワガタ探検隊10月の例会)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード