スズメバチ

9月も中ごろ、そろそろクワガタ採集も今シーズンは終わりにしようかと・・・、とりあえずポイントの下見にいって来ました。ノコギリクワガタやミヤマクワガタなどのシーズン中に命を終えるものはいなくなりますが、クワガタが採れなくなる訳ではありません。

画像


 むしろ、カブトや他の採集者がめっきりと少なくなり、採集のチャンスではあるのです。
秋が近づき、採集をやめようと思う一番の原因は・・・、

スズメバチです。


巣が最も大きくなり、エサが不足してくるこの時期、シーズンを通して一番攻撃的になる時期です。
秋から晩秋にかけて全国各地で蜂刺され事故が相次ぎます。
毎年、スズメバチに刺されてなくなる方も少なくはありません。


この時期は、巣のみならず餌場である樹液ポイントに対しても縄張り意識が強くなり、近づくものに警戒を示します。
オオスズメバチよりも少し小型でやや薄い黄色をしたキイロスズメバチが一番攻撃的で危険と言われています。

 攻撃の前に人の周りを飛び回ったり、羽音を大きくしてホバリングしてカチカチと歯を鳴らしたりします。動体視力が優れているそうで払いのけるような早い動きに敏感に反応し攻撃します。蜂の警戒行動を感じたらゆっくりした動きで後ずさりするように蜂から離れます。走ると蜂を刺激しますし、飛行速度は人間が走るより遥かに速いです。

ということで、秋の日中のクワガタ採集は、極力避ける方がいいでしょう。

夜間もスズメバチたちは、樹液ポイントに残っています。
ただ、夜は見えていないので懐中電灯めがけてアタックしてきます。
夜間採集は、まだ蜂から逃げるすべがあります。

蜂刺され事故でなくなる原因の多くは、アナフィラキシー・ショックですが、
初めてさされる人よりも過去に刺されたことの有る人がなりやすいと言われています。
 このメカニズムは、以前に刺されたときにできる蜂毒に対する抗体が過剰反応を起こし呼吸困難や心停止などの症状を呈するものだと言われています。

最近では、エピペンなる強心剤の注射キットなどもあり、林業従事者などが蜂刺され対策として所持する例もあると聞いています。
 蜂に刺されたときに重篤なアナフィラキシー・ショックに陥り意識がなくなってしまう前に蜂と戦いながら、自分の足や腕にこれを突き刺して強心剤を自分で注射するという修羅場のような状況を想像させます。
 秋の昆虫採集もほどほどに・・・、というところでしょうか。


"スズメバチ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード