鉄道掘り出し写真 (寝台特急「月光」581系)

最近は、鉄道記事ばかりになっているなぁ。
新大阪-博多間の特急「月光」として登場した初の電車寝台車両581系、583系
この型の車両は、月光型とも呼ばれています。
画像


私が鉄道写真を撮り始めた頃、もう「月光」は、新幹線の博多まで開業にともなって姿を消していました。
残されたこの写真は友人から入手した1枚です。

この列車は、ボンネット型の特急電車が主流だった時代に平面の切り立った先頭車両と分割併合を意識した貫通扉が設けられました。
そして、寝台といえば動力を機関車に集中した列車形式の編成というイメージを払拭する初の電車型の寝台車両です。さらに、セッティングの変更によって寝台車両から座席車両への転換が可能で画期的な存在となりました。
この列車の登場は、以後の特急列車車両の開発や運用に大きな影響を与えたと言えるでしょう。
登場後、数年後には、50Hz/60Hz両対応の583系が登場し、昼間特急の「ひばり」、「はつかり」、「雷鳥」などにも頻繁に使用されました。
「月光型」の異名があるように、寝台特急「月光」は、ミスター583系とも言うべき存在でしょう。

現在、定期運用されている列車のなかでは、急行「きたぐに」に唯一583系の姿を見ることができます。
画像

"鉄道掘り出し写真 (寝台特急「月光」581系)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード