精神科の被災病院の聴き取り調査を終えて

このたび、精神科単科の病院の震災経験を聴く機会にめぐまれました。
 
 N病院は、精神科単科の病院で唯一、患者を全員避難させた経験を持つ病院であり、貴重な体験を聞くことができました。
あまり詳細な事項は公開できませんが、被災当時も勤務中の職員の判断で患者全員避難を実施したそうです。
院長が言っていたように「現場の者が判断せよ」が正直なところだと感じます。

地震災害時の被災状況は様々で、建物が倒壊するほどの状況になったとき、入院患者に死傷者がでたとき、直接被災はしなかったが地域の怪我人が来院しトリアージやゾーニングなど外来患者の対応に追われる場合・・・、想定すればきりが無いほどである。
被災パターンを大きく3つか4つ程に分類し、大まかな行動指針を各職員が理解しているというのがよいのではないかと感じる。

 今回、特に感銘したことは、被災前から病院の防災訓練に地域の消防団が協力参加しており、震災時も「あの病院には自分で自由に動けない人もいる」ということで自ら救助に駆けつけ、被災直後の避難誘導時に車椅子の患者を両側から抱え階段で避難させるなどの協力・貢献をしている。

病院の職員も「消防団の協力なしには避難誘導は難しかった。」と語っている。これは、普段からの地域との関わりの中から培われた結果だと感じた。非常に羨ましくもあり、地域との普段からの関わりがいかに大きなものかを思い知らされたような気がした。

当院でもようやく病院・自治体共催の防災訓練や地域の防災訓練への協力参加など広がりを見せ始めている。
N病院でのお話を聴いて、今後とも地域とのつながりを大切にし、被災を想定した大まかな行動指針もこれから考えていかなければと思う。

最後に、貴重な時間を頂き、快く調査に応じていただきました院長、看護部長、事務長様に心より御礼申し上げます。有難うございました。

"精神科の被災病院の聴き取り調査を終えて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード