わーっ。エンジントラブル

画像

昨日、子供のサッカーの試合で遠征し、My Fairladyを出動させました。
帰り道の途中、加速したときにクラッチが滑るような感覚をアクセルに感じ、その後ボゴボゴというエンジン音、パワーが出ない!!
4年か、5年前に経験したエンジントラブルと同じ症状だ。6気筒のうち、間違いなく1発が機能せず死んでいる。異常な振動。
前回のエンジントラブルでの修理は分解修理、お値段は30万コース。「またか・・・」と経済的なことが頭をよぎり、超ブルーになりました。
車には長男と私以外にサッカーチームの親子が乗っている。トラブルには全く気づいていない様子だ。パワーがないが、60キロで走行はできる。
同乗者を他の車に乗せかえるか、そのままディーラーに飛び込むか・・・、いつ止まるかと冷や汗物だったが何とか戻ってきた。
帰宅後、直ぐ修理に入れた。メカニックがコンピュータに器具をつないでエンジンの診断をしている。液晶の小型端末のボタンを操作しながら6気筒のシリンダを1気筒ずつ診断している・・・、すごいなぁ。3番目のシリンダがだめらしい。さらに調べて燃料の噴射は行われているが、プラグに電流が流れていないことが判明。
カプラーに亀裂が入り、銅線がむき出しになっており接触不良で通電していなかったらしい。原因がわかってホッとした。
多分、前回の修理代金に比べれば微々たる金額で済みそうだ。思わず、笑顔が戻りました。年始からなんとなくエンジンが不調になるときがあり、調子がいまひとつだったんですよねぇ
いつも、乗っているとちょっとした感覚で故障の予兆があるものです。

"わーっ。エンジントラブル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード