クワガタ採集54 (梅雨明け間近の採集)

2020年の梅雨はたくさん雨が降りました。九州では河川が氾濫し大きな災害となりました。
久しぶりに晴れ間が見え、山に出かけてみました。

日中、バイクを飛ばして秘境ポイントへ様子を見に行きました。
日中は大きなオオスズメバチが幅を利かせていてカナブンたちを「俺の縄張りだ」と言わんばかりに追い払っています。

クワガタ採集54 (11).jpg

山奥のオオスズメバチはとてつもないデカさです。

クワガタ採集54 (13).jpg

夕方、明るいうちにマイポイントへ

森に入るとすぐに木の根元で休んでいるミヤマクワガタにご対面です。

写真を何枚も撮ったのですが、どうしてもクワガタにピントが合いませんでした。

クワガタ採集54 (2).JPG

ピンぼけ写真ですが、ミヤマクワガタやノコギリクワガタは、こんな感じで木の根元で休んでいることが多いです。

樹液が出ている木や根本で休んでいるクワガタがいる木は、蹴ると枝で休んでいる別のクワガタが落ちてくることがあります。

別の木でカナブンがいる木を蹴ってみるとノコギリクワガタがポトッとこの日は落ちてきました。



樹液の出ている木でコクワガタを発見。

クワガタ採集54 (5).jpg

撮影のフラッシュに驚いたのか、樹液を吸うのをやめて頭をもたげました。

クワガタ採集54 (6).jpg
ISO感度をあげて、シャッタースピード1/10にすると自然な感じで写ります。

樹液ポイントを順に回っていきます。

樹皮の下に中歯のノコギリクワガタ

クワガタ採集54 (7).jpg

同じ木の反対側の樹皮の下に小歯のノコギリクワガタ(通称:バルタン)がいました。

クワガタ採集54 (8).jpg

7月の半ばを過ぎるとあちこちにいたヒラタクワガタの姿が見えなくなりました。
そのかわりにミヤマクワガタ、ノコギリクワガタの数が増えてきました。

そして、この日は今シーズン初めてのカブトムシ(メス)をフィールドでとりました。

そして、大型のカミキリムシの姿も、ミヤマカミキリ

クワガタ採集54 (10).jpg
時期と共に樹液にやってくる虫たちも少しずつ変わってきます。

この後、夜の秘境ポイントにも行きましたが、おびただしい数のカナブンとカブトムシのメスが2匹

日曜日で採集圧が高いところなので先客がいたのかもしれません。ここでは採集せずに帰りました。

本日の収穫は・・・・

クワガタ採集54 (9).jpg

こんな感じでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

naotto
2020年07月22日 18:37
夏が来ると思い出すのがガクちゃんの昆虫採集飼育話。
もうシリーズ54回目なんやね。息の長いシリーズに乾杯!
もはや夏の風物詩!ええなぁ〜。
使い古された言葉やけど継続は力になるね。
熱のこもった文章と写真でこちらまで熱気が伝わりそうです。
naottoさんへ (GAKU)
2020年07月25日 12:58
naottoさん、いつもコメントありがとうございます。やはり、この時期、毎日採集に行きたくてウズウズしてしまうのです。
なかなか、ブログを更新する機会も減っているのですが、採集に行くとその状況や昆虫たちの写真を伝えたくてブログ更新してしまいます。だから、ここ2年程はムシの話ばっかりになっています。
懲りずに読んでくれてありがとう。

QRコード