福井・金沢旅行 (U-30企画)

私が勤めている病院には、U-30という30歳以下の若い職員で組織する集まりがあって、職場に活気を与えてくれる頼もしい集団です。
彼らが企画してくれた職場旅行に参加してきたのでアップします。

U-30福井金沢旅行 (5).JPG

まずは、大阪から北陸道へ入り、福井県の永平寺へ向かいました。バスを降りて昼食を堪能した後、まだ雪の残る境内を散策します。
境内の案内図をみてその広さにビックリです。与えられた自由時間ではとても回ることができないので、プライベートでじっくりと堪能したいところです。

U-30福井金沢旅行 (4).JPG


バスの中では、楽しいゲームで盛り上がりながら恐竜博物館へと向かいます。

U-30福井金沢旅行 (14).JPG
この博物館ができたときから、一度来てみたかったのですが、この旅行で来ることができました。

たぶん、2月最後の冷え込みで積もった雪が山々を覆って北陸らしい景色になっています。地球温暖化が言われるようになって久しくなりますが、大阪に雪が積もることもめっきりと少なくなりました。

U-30福井金沢旅行 (16).JPG

福井県は化石がよく発見される地域でもあり、恐竜が生きていた頃の資料もくさんこの博物館で見ることができます。

U-30福井金沢旅行 (21).JPG

大きなものから小さな恐竜までほんとに種類が多くいたことが分かります。
恐竜に比べたらはるかに小さな熊やイノシシでさえ山で出会うと怖いのに
こんな生きた恐竜に出会ったら人間なんてひとたまりもないのでしょうね。

U-30福井金沢旅行 (27).JPG

この亀の化石、車一台くらいの大きさがありました。

U-30福井金沢旅行 (26).JPG
こんな大きな恐竜たちが絶滅してしまうほどの環境の変化が地球に起こったことを考えると
いま始まったばかりの地球温暖化も人類に大きな変化をもたらすかもしれません。

U-30福井金沢旅行 (28).JPG

シーラカンスの化石、わずかな生息数ですが、いまも生きている個体がいることが確認されています。
わたしが小学校のころに絶滅したと思われていたシーラカンスが発見されてとても大きなニュースになったことが思い出されます。

U-30福井金沢旅行 (29).JPG

U-30福井金沢旅行 (31).JPG

ここもまた来てみたい場所の一つになりました。
今度は、愛車のいとしのマイフェアレディでロングドライブでこようかなぁ。

さて、旅館で宴会前にもう一か所、福井といえば断崖絶壁の東尋坊を見てゆかねばなりません。

U-30福井金沢旅行 (37).JPG

荒波の日本海に夕暮れが近づいています。海に降り注ぐ夕暮れの光線を撮ってみたかった。

U-30福井金沢旅行 (38).JPG

切り立った崖は自殺の名所としても有名、サスペンスドラマでもおなじみの場所です。

長男が小学生の時に来たことがあって、トビに持っていたソフトクリームを見事にかっさらわれました。
羽を広げると2メートルもあるような大きな鳶が長男の小さな手からケガもさせずにとっていった技に感心させられた記憶があります。
U-30福井金沢旅行 (45).JPG

この後、旅館で宴会と温泉を楽しみました。
楽しい職場旅行を企画してくれた職員さんたちに感謝あるのみです。

翌日は金沢を観光、兼六園をみて大阪に帰る予定でしたが
先輩方の提案もあり、海鮮市場の散策と昼食、金沢の景観地区の散策となります。

U-30福井金沢旅行 (49).JPG

雰囲気の良い街並み、あいにくの雨でしたがそれもまた良し。

金沢の名物といえば、きんつば、羽二重餅、金箔

見事な金箔の鷲を見つけました。

U-30福井金沢旅行 (69).JPG

金の蔵までありました。

U-30福井金沢旅行 (63).JPG

近頃、めずらしい赤い郵便ポスト・・・

U-30福井金沢旅行 (59).JPG

U-30スタッフのみなさん、楽しい旅行をありがとう。

リフレッシュしてまた病院のお仕事がんばれます。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

naotto
2020年03月08日 19:04
こんにちは。U-30だなんてなんか若手のスポーツ選手みたいですね。
永平寺は何度か行ったことがあります。雪が積もった景色も雨に降られる景色も様になる不思議なところやなと思います。階段のある長い回廊が思い出されます。
東尋坊、一緒に行きましたね。思い出しました。そうかあトビにソフトを持っていかれたんやね。”トビっと”残念やったね。
日本海の夕景、綺麗やね。画家のレンブラントが巧みに光を描いたことからやったか、レンブラント光線と言うんだそうです。
(レンブラント、これなかなか思い出せず、いつも先にレンドルミンが思い出されて、ごっちゃになります。飲んでないけど、、、。)
naottoさんへ (GAKU)
2020年03月11日 00:27
naottoさん、コメントありがとうございます。
永平寺は興味があるのでぜひまた行ってきます。
思い出深い東尋坊、naottoさんと行ったことは忘れませんよ。
雲の切れ間から差す陽光、レンブラント光線なんですね。
我が家にはレンブラントの「夜警」という絵画のレプリカポスターあります。ヨーロッパ旅行したとき、どこかの博物館でポスター買いました。どこの美術館かもう思い出せないです。

QRコード