クワガタ採集49 (日中の採集 ミヤマ・ノコギリねらい )

8月6日の採集記録です。その日は休みでした。午後3時ごろから日中の採集に気まぐれに出かけました。

とにかく暑いです。お目当てのミヤマクワガタやノコギリクワガタは、日中、木の枝先や根本で休んでいることが多いです。

高い枝先のものは採取がむつかしいですが、樹液の出ている木の根元を中心に見て回りました。

クワガタ採集49 (12).JPG

昼の樹液ポイントには、カナブンやスズメバチが幅を利かせておいしい樹液を占領しています。

夜になるとカミキリムシやカブトムシがやってきています。運が良ければ日中でもカブトムシが樹液を吸っていることもあります。

こんな感じで・・・

クワガタ採集49 (5).JPG

経験上、クワガタは日中でも案外よく採れたりもします。

写真のノコギリクワガタは樹液を吸っていましたが、この日に採取した他のノコギリクワガタは根元の落ち葉の下や木の洞で採取しました。

クワガタ採集49 (8).JPG

今シーズン、カブトムシのご神木は日中どうなっているでしょうか。

クワガタ採集49 (7).JPG

カナブンとスズメバチが樹液を吸っている様子。

クワガタ採集49 (4).JPG

採集で一番危険な昆虫はやはりスズメバチ、これがいると不用意に木に近づくのはよくないです。

カナブンは色にバリエーションがあります。とくに、青カナブンの美しい緑色は宝石のような美しさがあります。

クワガタ採集49 (6).JPG


昼の樹液レストラン代表のカナブン、スズメバチ、タテハチョウ

クワガタ採集49 (2).JPG


この日、大型のミヤマクワガタも木の根元で休んでいました。

日中の採集でしたが、比較的よくクワガタが採れました。

クワガタ採集49 (14).JPG

この記事へのコメント

QRコード