あれ・・・、カブトムシ採りに行かんでも庭におるやん!

2019.8.6 久しぶりの休みです。

庭に出て今年豊作のネクタリンの木を眺めているとカナブンやハナムグリたちがネクタリンの熟した実を食べています。

ふと、何気なく木の下をみると・・・

庭のカブトムシ (1).JPG

カブトムシの雌が熟したネクタリンの実を食べています。そして周辺を探してみると・・・

庭のカブトムシ (2).JPG

オスもいた。結構大きい。

庭のカブトムシ (3).JPG

庭のカブトムシ (5).JPG

庭のネクタリンの木

まぁ、山手ですが、裏は文化住宅、隣は小学校、道路には車がバンバン走ってる。
ざっと、10匹以上のカブトムシ、今年はカブトムシが異常発生しているのでしょうか。
山のポイントでもカブトムシがびっくりするほど採れたしね。

庭のカブトムシ (7).JPG

小学生くらいの子供がいたら、大喜びだろうなぁ

家で食事をしている娘にこれを伝えたら「へぇ~っ、おとうさん嬉しいの?」だって。

確かに、うれしいよ。喜んでいるのはオレだけかぁ。

この記事へのコメント

naotto
2019年08月19日 09:54
カブトムシにとったら、いいおやすみ処になってて都合がいいんやないのかい?
「人気のカフェがオープンしました。」なんて感じでね。
「ネクタリンあり〼」みたいに看板書いといてあげれば?
匂いでわかるか。でも「あり〼」を読みたいから、ぜひ一筆を。
naottoさんへ (GAKU)
2019年08月21日 00:56
naottoさん、いつもコメントありがとうございます。
今シーズンは、カブトムシがいつもに増して異常発生しているのではないかと思うほどよく取れました。
ほぼ、毎日のようにネクタリンの木でカブトがとれました。
職場の同僚の子供さんへたくさんプレゼントできました。
職場の方にも採集同行していただいて、ちょっとした採集ブームが巻き起こりました。
お盆を過ぎると樹液ポイントのスズメバチが狂暴化してくるのでこの辺りで同行採集は終わりにします。
大歯型のノコギリクワガタやミヤマクワガタの魅力を再認識した夏になりました。
naotto
2019年08月24日 03:45
一昔前は、カブト虫やクワガタは、ショップで高いお金を出して買うもの。みたいな風潮があったけど、あれはちょっとなぁと嘆いてしまったけどねぇ。今はどうなのかねぇ?
昆虫を採取する苦労と取った時の達成感、またそれを楽しいと感じる感性を一人でも多くの子どもたちに持ってもらいたいなと思います。
naottoさんへ(GAKU)
2019年08月25日 13:05
naottoさん、コメントありがとうございます
ほんとそれ、カブトムシは買うものだと思っている人多いと思います。そんなに秘境の様な田舎に行かなくても生態を知れば身近にいる生き物です。今回、採集に同行した人も自然にいるカブトクワガタを見たことのない方がいて感動されていました。

QRコード