立命館宇治、高校アメフト決勝5年ぶりのクリスマスボウル

年が明けてずいぶんと立ちますが、昨年の12月24日の高校アメフト日本一を決めるクリスマスボウルが長居公園で開催されました。

お兄ちゃんが立命館宇治でアメフトをやっていた頃、クリスマスボウルに出場以来の母校の健闘です。
「2013 クリスマスボウル(高校アメフト決勝戦)」

画像


前半大差でリードしたものの、最終第4Qで逆転を許す展開となり、悲願の日本一はお預けとなりました。

画像


対する相手は、連覇をねらう佼成学園でした。ほぼ日本一を手中にしたかのような前半の試合ぶりから、最後に逆転され、放心状態で会場をあとにして・・・、なかなか撮った写真すら見ることができませんでした。

画像


息子は大学パンサーズを引退したとは言え、保護者会役員も長らく務めさせていただいたので愛着があります。

選手たちの活躍と健闘を載せなければ、このブログも前にすすめません。

試合のレポートというよりは、最後まであきらめずに頑張る姿を写真で是非、当ブログで紹介させていただきたいと思います。

画像


画像


画像


前半のタッチダウンで喜び合う様子。

画像


タッチダウン後のトライフォーポイントでのダイナミックなキック。

画像


タックルで佼成学園の攻撃を止めるパンサーズのディフェンス陣

画像


パスも要所で通し・・・

画像


タッチダウンが次々と決まります。

画像


画像


スタンドの応援にも力が入り、盛り上がります。

画像


いつも元気いっぱい、力強い応援をくれるチアのレイチャーズ、配色の違うユニフォームもあって・・・、ほかの学校のチアも応援に来ているのでしょうか。

画像


後半、佼成学園の反撃がはじまり、白熱した攻防が繰り広げられます。

画像


画像


画像


佼成学園のタッチダウンシーン、後半にぐいぐいと盛り返してきました。

画像


画像


決勝戦ともなると選手たちの気迫のプレーが光ります。

画像


画像


佼成学園のパスキャッチシーン

画像


立命館宇治ディフェンスが相手パスを阻止するシーン

画像


画像


第3Q、まだ立命館宇治が倍以上の大差で大きくリードしていました。

画像


パスキャッチの競り合いシーン、これもアメフトの醍醐味、闘志あふれる瞬間です。

画像


最終、第4Q 6分を残して1タッチダウン差に詰め寄られます。

画像


立命館ディフェンス、惜しくも止めきれず・・・

画像


勢いに乗った佼成学園が同点に追いついたあと、さらにディフェンスの隙をついて加点、逆転を許してしまいました。

画像


残り時間をニーダウンで時間を費やされ、試合終了。

最終クオーターの狐につままれたような展開に立命サイドは放心状態でした。


奇跡の逆転劇で3連覇を達成した佼成学園サイド・・・

画像



惜しくも敗れましたが、よくぞここまで勝ち上がってきました立命館宇治パンサーズ・・・

画像


3年生は、大学パンサーズで日本一をまた目指すのでしょうか。

画像


後輩たちもまた、この悔しさを胸に再びクリスマスボウルを目指します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード