「因幡の白うさぎ」で有名な白兎神社

職場の若者たち(U-30)が企画した職員旅行の続きです。
山陰地方は、むかし、むかし因幡(いなば)の国と呼ばれており、「因幡の白兎」が有名です。

この白兎に因んだ神社「白兎(はくと)神社」を訪れました。

画像


この神社は、古事記、日本書紀に記された由緒の明らかな神社で、日本医療の発祥の地にあると記載があります。

画像


また、大国主命と八上姫の仲をりとりもったことから、縁結びの神としても有名でそれに地なんだ絵馬もたくさん見られます。

画像


願いが・・・、叶いますように・・・

画像


道の駅から短時間で楽しめる観光名所です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年03月28日 22:36
「ワニ」は「サメだった」だっけ?
まだこもよさんへ (GAKU)
2017年03月31日 00:47
まだこもよさん、コメントありがとうございます。
私もこのことは、全然り知らなかったのですが、まだこもよさんのコメントのおかげで知識が一つ増えましたぁ。
 民話の「因幡の白兎」でサメがワニとよばれて登場するそうですね。山陰地方の一部では、今でもサメ料理のことを「ワニ料理」と呼ぶそうですね
ということで、ワニはサメなのですね。

この記事へのトラックバック

QRコード