鉄道掘り出し写真(寝台特急「つるぎ」 その3)

国鉄時代の寝台特急「つるぎ」の画像をアップします。

画像


24系編成の最後尾、テールは文字マークです。

画像


ローズピンクの牽引機 EF81 120号機を先頭にやってきました。 
このころは、関西発着のブルートレインにヘッドマークは掲げられていませんでした。


画像


上の写真は、終着の大阪駅3番線に到着した「つるぎ」です。

回送となって発車する直前に送り込み回送の「まつかぜ」が入線してきました。

画像


今となっては、貴重な記録となりましたが、1980年当時はこのような風景が当たり前のように毎日繰り返されていました。



※ このブログ内の 寝台特急「つるぎ」 の記事

  鉄道掘り出し写真(寝台特急「つるぎ」 その1 )

鉄道掘り出し写真(寝台特急「つるぎ」 その2 )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

naotto
2016年05月15日 16:43
結局つるぎは一度も見ないまま乗らないまま廃止になってしまったよ。まつかぜは乗ったことがある。鳥取から松江だったかな、ずっと乗ってれば博多まで行くんだと!と興奮したよ。少年時代に想いが馳せるなぁ。
naottoさんへ (GAKU)
2016年05月16日 09:46
naottoさん、コメントありがとうございます。
つるぎ号の上りは朝早い時間に終着の大阪に到着するので狙って会いに行かないと見れないような列車でした。今、唯一、現役の寝台特急サンライズも毎日近畿圏を行き来していますが、深夜帯の通過なので狙って見に行かないと一般の人の目に留まることは殆どないですね。
 意を決して見に行かないと会えない…、これもまた寝台特急という特別な列車の魅力なのかもしれません。
2016年08月17日 17:30
オハネフ25の0番台車が関東では珍しかったです。当時、鉄道模型でこのオハネフ25・0番台が早く製品化されてくれないかなと思っていました。
今では製品化されていないブルトレ客車を探すほうが難しいですが。
とんちゃんへ (GAKU)
2016年08月17日 22:42
とんちゃん、コメントありがとうございます。
私も中高生の頃、鉄道模型にあこがれました。
あの頃は、写真の現像代にすら四苦八苦していたので模型には手が出ませんでした。
ヘッドマーク付きDD54牽引、20系編成の「出雲」なんかが模型で飾ってあれば…なんてあこがれます。

この記事へのトラックバック

QRコード