2016 こいのぼりフェスタ 救護所を担当する

晴れやかな、ゴールデンウィーク いかがお過ごしでしょうか。

近隣地域の こいのぼりイベントの会場で、私の勤務する病院が救護所を担当することになり、派遣スタッフとして行ってきました。

画像


空いっぱいに泳ぐ こいのぼり は見ごたえがありました。

はにわマスコット「はにたん」もすっかり この風景になじんでいます。

画像


画像


イベント開催中 膝を擦りむいた子供や幼児など 7名ほどの親子が救護所にやってきました。

画像


河川敷のステージでは、ダンスや中高生の吹奏楽、和太鼓など行われました。

画像


画像


空をおよぐ こいのぼり を眺めながら、ゆっくりとした時間が流れてゆきました。

画像


午後から、病院長も 私たちの様子を見に来て下さり、お声かけいただき、しばし談笑しました。。

画像


このようなイベントに救護所の依頼をいただき、仕事を通して地域に貢献できることを感謝します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年05月06日 18:50
お疲れさまでした! 軽傷でも このような「救護所」があると 安心ですよね!(絆創膏を持って無い人も 多いですからね!)
でも すごい数の 「こいのぼり」ですね!
まだこもよさんへ (GAKU)
2016年05月07日 22:17
まだこもよさん、コメントありがとうございます。
「安心」といっていただけると嬉しく光栄に思います。多くの場合、消毒と絆創膏の処置で済みますが、縫合などの処置が必要な切創は近隣病院の休日・時間外外来に行ってもらうことになります。
救護所で待機する私たちは、そういう判断を期待されているのかもしれません。
 この河川敷の上をおよぐこいのぼりは、譲り受けたものや保育所や幼稚園で作られたものなどいろいろ合わせて1000匹いるそうです。
スケールの大きさに小さな子供は大喜びでしょうね。
ヨッシ―キティ
2016年05月13日 22:25
祝 こいのぼり 一大イベント成功!
無事で何よりでしたね。
近畿の近場でも 
こんなに綺麗な、たくさんのこいのぼりが
空を泳ぐことが あるんですね。
そして、
「いい お仕事 してますね」
どこかで 聞いたことある お言葉ですが…
陶芸ではなく、地域保健医療サービスです。
多くの場で、
メンズナースも含めての広報もありながら、
頼もしいです。
活躍してください。
ヨッシーキティさんへ (GAKU)
2016年05月15日 00:57
ヨッシーキティさん、コメントありがとうございます。お褒めの言葉、うれしいです。
このイベントの救護所依頼は2年目です。
最近、地域からの依頼が少しずつ増えてきています。なかなか、人員を確保するのが大変なようですが、地域にこうした形で貢献できることに感謝です。また、このような病院で働けることを誇りに思います。

この記事へのトラックバック

QRコード