特急「しなの」 大阪-長野間の運転終了決まる

特急「しなの」は、主に名古屋と長野を結ぶ特急として活躍しています。

キハ181型気動車が使用されていた国鉄時代から、大阪-長野間を結ぶ1往復がありましたが、

2016年3月で大阪-長野を結ぶ一往復が廃止となる事がJRから発表されました。

画像


写真は、国鉄時代の381系「しなの」です。
大学生のころ、信州の志賀高原でスキーの帰り、長野15:00発、大阪行きの「しなの」に間一髪、乗車して帰ってきたことを懐かしく思い出しました。

画像


現在は、この車両、現在の多くの新型特急車両の正面には、特急の名称がないのですが、「しなの」にはちゃんと昔ながらの絵入マークが前後の先頭車両に掲げられているのがうれしいです。

画像


近畿圏で「しなの」が見れるのもあと半月ほどとなってしまいました。

画像


特急「しなの」 関連記事


鉄道掘り出し写真 (特急「しなの」)

鉄道掘り出し写真 (特急「しなの」 すべては高速でカーブを駆け抜ける為に)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年03月06日 12:49
電車って 結構「長寿」ですよね!
でも それに比べて「 新幹線」は 「短命」?(最近のヤツは?)
まだこもよさんへ (GAKU)
2016年03月06日 23:52
まだこもよさん、コメントありがとうございます。
国鉄からJRに代わってから、ずいぶんと長い年月が経ちますが、そう考えると赤とクリーム色の特急車両は長持ちしましたねぇ。
 一枚目の写真の「しなの」で登場した381系振子型特急車両は大半が廃止になりましたが、岡山と山陰地方を結ぶ特急「やくも」として残っています。
NORINKO
2016年03月07日 13:28
国鉄時代の鋼鈑車体と国鉄時代のカラーリングって懐かしいですね

リバイバル塗装は大歓迎ですね

(^.^)ノ

動労組職員さんや、OB会の権利復活の証しですね


NORINKOさんへ (GAKU)
2016年03月07日 23:34
NORINKOさん、コメントありがとうございます。
国鉄カラーの特急は、関西・近畿圏からは381系「こうのとり」「はしだて」「きのさき」を最後になくなってしまいました。ずっと、子供のころから一往復あった「しなの」も京都・大阪では見れなくなるなんて寂しいです。
naotto
2016年03月24日 13:31
僕もスキーの帰りに長野から京都まで381系のしなのに乗りました。車やバスと違って、速いし楽チンやしどことなしか優雅な気持ちにさせられました。大阪乗り入れがなくなるのか。なんか寂しいな。
naottoさんへ (GAKU)
2016年03月24日 14:33
naottoさん、コメントありがとうございます。
大阪から乗り換えなしで長野まで行けるのは便利で利用客もあると思うのですが、大阪-名古屋を新幹線使って乗り換えの方が需要があるということかなぁ。
JR東海とJR西日本で鉄道会社をまたいでの運用もわずわらしいということなのでしょうかね。
naotto
2016年03月25日 09:40
長野まで行くという需要がそもそも減ってるのかな?
無くならんうちに大阪乗り入れの「ひだ」に乗っておきたいな。高山本線好きなのよぉ~。
naottoさんへ (GAKU)
2016年03月25日 22:26
naottoさん、コメントありがとうございます。
大阪発着の「ひだ」はまだ健在なのですねぇ。
北陸新幹線開通後、富山駅発着の唯一の在来線特急列車となってしまいました。
大阪発の「ひだ」は岐阜駅で名古屋から来た「ひだ」と増結して進行方向を変えて高山線に入っていくユニークな列車ですね。国鉄時代の急行「たかやま」が前身でしたよね。

この記事へのトラックバック

QRコード