感動のイタリア旅行 (カプリ島観光 レモンと「青の洞窟」の島)

ナポリから30キロ南、高速船で40分ほどのところにある島、カプリ島の観光です。

画像


朝から雨の天候、波も高く、普段は海の上を滑るように走る高速船も高い波に上下し大変な揺れで船酔いする人続出のクルーズでした。

画像


ヨットが似合う港町、イタリアはどこに行っても絵になります。

画像



カプリ島といえば、有名なのが「青の洞窟」、この名前のイタリアンレストラン日本に゜ありますね。

波が高いので入れないそうですが、洞窟の前まで船が出るそうなので乗り込みました。

画像


港を離れ、

画像


青の洞窟のある場所へ向かいました。

画像


この場所が「青の洞窟」の入り口。

洞窟の前に波の静かな日には小さな手こぎ船が出ていて、身を伏せながら洞窟の中に入りますが、
今日は、舟すら出ていません。

この洞窟の中には神秘的な青い色の海水が感動的な空間を演出しているというのに・・・。

ここまで来て、洞窟を目の前にして入れないとは残念でした。

私たち夫婦は、遠い昔見ることができたのですが、子どもたちに是非とも見せたかったなぁ。


さあ、気をとり直して・・・、カプリ島観光へ

画像



島ではレモンの栽培が盛んで、レモンをテーマにしたお店が目を引きます。

画像


画像


ケーブルカーで丘の上にあがり、港が一望できる場所へ来ました。

画像


教会もあります。

画像


画像


島の散策と買い物を楽しんだ後は・・・、

島のレストランで美味しいパスタランチ

音楽生演奏のサービスもありました。



パスタを堪能した後は、再びナポリへ向けて高速船にのり引き返します。
晴れてると良かったんだけど・・・、天気だけはどうにもなりませんね。

画像


再び、ナポリへと、高速船で返しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まだこもよ
2014年04月15日 07:51
「青の洞窟」・・・いつでも見れるわけでは無いのですね。見れなかった子供さんは残念でしたけど・・・でも「もう一度見に来よう」と 思って新婚旅行に来るのかもしれませんね!
まだこもよさんへ (GAKU)
2014年04月15日 08:25
まだこもよさん、コメント有り難うございます。
「青の洞窟」に入れたら感動の青い空間に出会えます。子供には、「また自分たちで行きなさい」と言っています。地球温暖化のせいか、洞窟の入り口の水位が次第に上がってきているそうですよ。
小さな小舟で精一杯身をかがめて入れる入り口ですが、中は広くなっています。
2014年04月16日 06:40
昨年夏にカプリ島へ行ってきました。
「青の洞窟へ」は入ることが出来ました。
添乗員さんの話によると、比較的夏は波が静かで入ることが出来る確立が高いそうです。とはいっても我々のツアーがこの年5度目の青の洞窟でしたが、初めて洞窟には入れたそうです。
懐かしく拝見しました。ありがとうございました。
OZMAさんへ (GAKU)
2014年04月16日 08:13
OZMAさん、コメント有り難うございます。
青の洞窟の神秘的な色は一見の価値ありですよね。
春ごろが最も入れる確率が高かったと思います。
今回のイタリア旅行は一日のどこかで雨が降る毎日で雨雲と一緒に旅をした感じでしたぁ。
晴れているとカプリ島の景色は最高なんだけどなぁ。
2014年05月02日 16:12
青の洞窟に入れなかったのは残念ですよね・・・
自分もいつかは入ってみたいと思っていますが、入れる確率はどれぐらいなんでしょうね???
ゆけむりさんへ (GAKU)
2014年05月02日 18:43
ゆけむりさん、コメント有り難うございます。青の洞窟…、残念でした。春から初夏にかけて洞窟に入れる確率が最も高かったと思います。ガイドブックなどによれば、60%位で、2月ごろは20%未満だったと思います。
 神秘的な青色は感動ものですよ。
これを見る為にカプリ島に連泊というのもありかも…。

この記事へのトラックバック

QRコード