新大阪駅の保存車輪

とある用事で、新大阪駅で下車しました。
中央コンコースから一階へ降りたところに三本の車軸が展示されています。

画像


一番手前が、0系新幹線の車軸、現代の高速大量旅客輸送はここから始まりました。

真ん中の大きな車輪は、C57蒸気機関車の動輪です。 SLの大きな動輪は迫力があります。

そして、奥の車輪、これも蒸気機関車のもの、最初のアルファベットが「B」だったので2軸の機関車ですね。

 重厚な鉄の塊、車軸一つでもすごく重たそうです。

どれも、栄光の一時代を駆け抜けたヒーローの証です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

まだこもよ
2014年02月17日 08:18
世の中がこれだけ進化しているのに 未だに「車輪」で「線路」を走っているのが 不思議に思う事がありますが・・・「ローテクの方が 安全」ってこともあるんですよね・・・。しかしSLの動輪はデカいわ!
2014年02月17日 18:39
蒸気機関車Cクラスの動輪は、自分より大きいはず…
だから力強く見えるんですね~
まだこもよさんへ (GAKU)
2014年02月17日 22:57
まだこもよさん、コメント有り難うございます。
人の力では到底持ち上がらない車軸、新幹線一編成にすれば70軸あまりが時速200kmで駆け抜けてゆく壮大さ、この莫大な運動エネルギーを事故なくコントロールする技術、鉄道って改めて凄いなって思います。
ogaogaさんへ (GAKU)
2014年02月17日 23:21
ogaogaさん、コメント有り難うございます。
SLの大きな動輪は迫力があります。
この大きな車輪が空転しながら発車してゆく様子はイメージするだけでワクワクします。
 そして、蒸気という家庭でも身近なものが、集約されれば、とてつもなく大きなパワーを発揮する…、不思議な感じがします。
2014年02月23日 08:40
新大阪にダンベル転がってますねw
としおちゃんへ (GAKU)
2014年02月23日 20:50
としおちゃん、コメント有り難うございます。
キングコング級のダンベルですね。
重そう

この記事へのトラックバック

QRコード