講演会『思春期の自立支援と親の役割り』   春日井敏之先生を招いて

台風の影響で、開催が危ぶまれた10/26午後
保護者会で講演を企画し、立命館大学で臨床教育学分野を担当されている春日井敏之先生をお招きしました。

思春期の生徒を持つ保護者は、日頃の生徒の接し方、子どもを支え、この難しくデリケートな時期をどう乗り切っていくのか、少しでも保護者の力になりたいと思い、この講演会を企画しました。

・ 「第一の誕生」から「第二の誕生」へ

・ 子どもの危機に対して  3つの原則を大切に
  「いのちより大切なものはない」ことの再認識
  「見返りを求めない愛」を注ぐこと
  「どんな時もあなたの味方」というメッセージを伝えること

・ 思春期・青年期 (気遣いの人間関係を考える)

など、など・・・


様々な切り口で、今を生きる中高生の姿と親のあり方について90分間にわたり講演いただきました。

頂いた資料を全部、記事に載せたいような思いになります。

全く退屈することなく、参加の保護者とコミュニケーション、笑も飛び交う中、あっという間に時間が経ちました。

その後、4~5人のグループになり、今抱えている悩みや思いを出しあい、具体的な事例に先生がアドバイスをするという時間も設けていただきました。

予定の時間はかなりオーバーしましたが、参加いただいた保護者のみなさんには有意義な講演会になったと確信します。

学校での学業・友達関係、様々な活動を支えているのは、個々の家庭。

この講演会が各家庭で活かされ、子供たちの自立の後押しになることを願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まだこもよ
2013年10月28日 13:29
自分も通ってきたんだろうけど・・・「思春期」って 何なんだろう? ちなみに 私はそんなに悩んではいなかったような? しいていえば 勉強が難しくて・・・・でも今考えてみたら当たり前で宿題しかやってなかったんだから・・・(それもTVみてラジオ聞いての「ながら」でしたからね!?
うちの子供たち・・・今思春期まっぐら!?8そんなに困っていませんけど・・・?)
まだこもよさんへ (GAKU)
2013年10月29日 00:55
まだこもよさん、コメント有り難うございます。
 みんな、親である保護者もこの時期をとおって大人になっているんですよね。
 講演の直前、控室で講師の先生と、私たちも子供の時に『今から勉強しようとしてる時に親から勉強しろって言われて一機にやる気がうせましたよね』なんて話をしていました。
 反抗期は、個人差があるし、家庭の環境や親の言動によっても度合いが異なるのでしょうね。
しままゆ
2013年10月31日 10:21
春日井先生のお話、いいですね。
1年前に大学のオープンカレッジでお話を聞いて以来のファンです(笑)
今年こちらの高校でも生徒向け講演会がありました。お願いして、コソッと隅の方で邪魔にならないよう聞かせてもらいました。
保護者に聞いてもらいたい!そう思います。
GAKUちゃん、いい仕事してますね~
しままゆさんへ (GAKU)
2013年11月01日 11:10
しままゆさん、コメント有り難うございます。
先日、慶祥からお送りいただいた広報誌「北の・・・」に春日井先生のディスカッションの様子が掲載されていました。当校でも春日井先生のファンは多いですよ。
 今年は、これで思春期の親を対象とした講演を2つやりました。

この記事へのトラックバック

QRコード