バイオリンとピアノのデュオコンサートの夕べ

先日、クラシックのデュオコンサートにお招きいただき、素晴らしいバイオリンとピアノの協奏を楽しんできました。

画像


 小さなホールでしたが、一番最前列の御席を確保していただきました。

バイオリン奏者のチプリアン・マリネスクさんの楽譜に手が届きそうなくらい近い場所で真近で初めて聞くバイオリンの音色に感動しました。

ピアノ奏者のAKOさんは、お兄ちゃんの学校の保護者会コーラス部「グレース」の部員であり、ピアノの奏者をしていただいています。

こんな凄いコンサートを開くプロのピアニストが、保護者会のコーラス部にいるなんて凄いことです。


画像


クラシックのコンサートは、とても厳粛な感じなので、写真は取れなかったです。

まぁ、コンサートというものは、基本的に写真撮影禁止だから無理ですね。

パンフレットだけで失礼します。

まぁ、そういう御縁もあって、コンサート後、バイオリン奏者のチプリアンさんと楽しくお話できる機会がありました。

コンサートで目の前で聞くバイオリンの音色は、涙が出るほど感動したというのに・・・。

チプリアンさんは、ホールの形状がよくないのと湿度で本来のバイオリンの良さが20%しか出ていなかったので大変残念だったというのです。

チプリアンさんは、ルーマニア人ですが、日本語ばっちりです。

日本人とルーマニア人の仕事観、音楽への思いなどを少しお酒を交えて楽しくお話しさせていただきました。

今度は、教会などの高い三角屋根で最高の音響とコンディションのもとで本来のバイオリンの音色を聴かせてくれるとおっしゃってくださいました。

素晴らしい音楽の夕べと楽しい一時をプレゼントいただきましたAKOさんとTさんに心より感謝です。

ありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード