貨物列車いろいろ

今現役の機関車、ちょっと古いの、ずっと昔の貨物列車いろいろアップします。

画像

2007年2月ごろ EF66-41号機、京都駅
今では風前の灯のEF66-0番台です。 国鉄時代のEF65が主力牽引機として活躍していた頃、最新の貨物専用機として登場し、主に東海道・山陽のフレートライナーを中心に活躍しました。

画像

2007年2月ごろ、山崎付近 EF66-122号機、山崎付近
EF66の第二世代、100番台は初期型に比べ少し丸みを帯びた外見です。

画像

芥川橋梁にて(高槻-摂津富田)


画像

強力な牽引力を有しているEF200 、2013年現在も現役活躍中です。

画像

2011年11月ごろ、EF81-503号機、外見の塗装は以前のEF65を思わせます。


次の写真は、掘り出し写真ものです。

画像


EF65-34号機、1980年ごろ、芥川橋梁(高槻-摂津富田)
機関車の後ろに車掌が乗っている車両がついています。
国鉄時代の貨物列車には必ずついていました。

寝台特急「明星」が、この貨物列車のすぐ後に西の夕暮れのかなたに消えていったのを今も記憶しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年05月21日 20:16
ウインクしているサメちゃんが何気に格好いいですね。
そうそう、国鉄時代には必ずマッチ箱のような車操車がぽつんと連結されていましたね。
あの頃の貨物列車の車掌さんの仕事って何をしていたのか気になります。(って保安上の仕事をしていたと思いますが)
GAKU
2013年05月21日 21:55
気ままさん、コメント有り難うございます。
マッチ箱の様なあの車両、車操車っていうんですね
もう今は、見ることもありませんが…、「なぁんだ、なくても大丈夫なんだ」って感じですよね。
あのころは、大切な役割があったのかなぁ。
2013年05月21日 22:40
掘り出し写真、いいですね~。
これぞ国鉄貨物!!って感じです。
GAKU
2013年05月21日 23:12
ogaogaさん、コメント有り難うございます。
なるほど、国鉄時代の貨車とJR貨物のコンテナ…、言われてみれば様変わりしていますね。
 今のコンテナと違って、ワムの荷物の積み下ろしホントに大変だったでしょうね。
2013年05月22日 21:32
すいません『車操車』というのは誤りです。
正しくは『車掌車』です。
申し訳ございません、訂正しお詫び申し上げます。
m(_ _)m
気ままさんへ (GAKU)
2013年05月22日 22:17
気ままさん、了解でーーすぅ。
いつも、ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 鉄道掘り出し写真 (貨物・機関車 Part4)

    Excerpt: 懐かしい機関車の写真アップします。 茶色のEF58 60号機は、お召列車の機関車として知られています。 とつぜん、荷物車両を牽いて大阪駅にあらわれ、びっくりしました。 その時の写真。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2014-02-25 10:43

QRコード