鉄道掘り出し写真 (寝台特急「瀬戸」 EF65-502 )

1978年ごろの写真
深夜の大阪駅です。ホームから機関車がはみ出て停車中の寝台特急「瀬戸」、東京行きです。

画像


ブルトレブームで深夜というのに少年たちが東京発着のブルトレをカメラに収めようと10名以上はいました。

機関士がライトを消してサービスしてくれました。

ヘッドマークを掲げどっしりとした貫禄を感じます。

画像


最後尾のテールは、この頃もちろん文字テール・・・、「瀬戸」の文字が闇に遠ざかっていきました。

関連記事

鉄道掘り出し写真 (寝台特急「瀬戸」 四国連絡のブルートレイン)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

としおちゃんへ (GAKU)
2013年03月26日 09:26
としおちゃん、コメント有り難うございます。
上り・下りの東京発着のブルートレインが次々とやってくるワクワク感は今でも忘れられない思い出となっています。
2013年03月26日 18:16
GAKUさん。こんにちは。寝台特急「瀬戸」は早々とサンライズに切り替わってしまいましたが、懐かしい写真を拝見させてもらいました。この寝台特急「瀬戸」は、確か大阪駅には終電間際くらいに到着していた記憶がありますので、撮影しに行こうと思いたったことがありますが、この時は小学生くらいで断念しました。
まぼちゃんへ (GAKU)
2013年03月29日 00:29
まぼちゃん、コメント有り難うございます。
 この頃、東京発着のブルトレで大阪駅の一番乗りは、下り3番線23:56「さくら」、続いて上り11番線0:06にこの「瀬戸」でした。その後、下り3番線に「みずほ」、「はやぶさ」とつづきました。
「はやぶさ」を撮り終えたら終電ギリギリ駆け込みセーフだったと思いますが…、翌朝上り4:00過ぎの「さくら」までガンガンきました。
最初の「さくら」、「瀬戸」は短時間の間にそれぞれの車両の前後を撮りましたから、ほぼ全力疾走状態でした。なにせ14両の長編成で4分停車でしたから…。
2013年04月03日 21:29
ご無沙汰してます。
はみ出てるにも関わらず、ホームから降りて撮影出来るのは、国鉄時代ならではですね。
あさかぜ
2013年04月04日 07:43
ご無沙汰です。 この時代 国鉄の職員さんたちは少年ファンに対して今よりも大らかだったような気がします。 そんな空気を思い出しました。
小学生の頃のある日 学校からの帰り道 ホームに貼り出してあった長距離列車の時刻表を眺めていたら 駅員さんが事務室に入れてくれて 記号の意味やブルートレインのダイヤのことなどを色々と教えてくれました。 今となっては懐かしい思い出です。
その後 架空の列車のダイヤをノートに書いていたのが親にばれて ひどく怒られました。
銀さんへ (GAKU)
2013年04月04日 12:56
銀さん、コメント有り難うございます。
このころは、ホームから降りることも黙認でした。
今ではありえないことですね。
 僅かな停車時間ですが、運転士がライトをOFFにしてくれました。
あさかぜさんへ (GAKU)
2013年04月04日 13:06
あさかぜさん、コメント有り難うございます。
 国鉄で営利をあまりシビアに気にしなくて良い分、余裕があったのでしょうね。社会に子供の夢をはぐくむような環境がありました。
 鉄道員にあこがれた子供たちも多かったでしょうね。

この記事へのトラックバック

QRコード