急行「きたぐに」も来春3月廃止決まる

大阪-新潟間を結んでいた急行「きたぐに」廃止が決まりました。
寝台特急「日本海」の定期運用廃止が発表されたあと…、「きたぐに」は来年も持ちこたえてくれるのかと思いましたが・・・、残念です。

ここ数年、春を迎えるごとに国鉄時代を代表するような列車が次々と廃止に追い込まれてきました。

画像


「きたぐに」は、583系で唯一定期運用されている列車で、寝台、座席混合の編成となっています。

2011年12月17日の朝刊で、寝台特急「日本海」とともに「きたぐに」も廃止が決まったという記事が写真付きで出ていました。

画像


鉄道ファンにとっては、寂しいニュースばかりです。

画像


昭和のブルトレ全盛期時代は、茶色や紺色の旧客車に郵便車や荷物車が編成に組み込まれた地味で目立たない存在でした。

画像

※ 「きたぐに」と「つるぎ」 既出の写真 「きたぐに」の最後尾は荷物車(マニ60?)です。

旧客車の老朽化が進むと14系の編成となり北陸・上信越方面の貴重な足となりました。
当時は、大阪と青森を結んでいました。

画像


全国各地で寝台特急電車として使用されていた583系が合理化によって使用されなくなり、今まで機関車が牽引する列車の形態をとっていた「きたぐに」にこの車両が使われるようになりました。

画像


国鉄からJRになった後もしばらくは原色の583系で運用されていましたが、塗装も塗り替えられ、現在に至っています。

画像


「きたぐに」の前出記事をまとめておきましょう

寝台急行「きたぐに」で出張に行く

鉄道掘り出し写真 (583系急行「きたぐに」 朝日の中を走り来る)

今日も現役 583系「きたぐに」

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年12月18日 11:34
東北や北海道への旅のアクセスが減り、残念です。
飛行機でぱっと行くのは味気ないんだよな~
2011年12月18日 13:11
としおちゃん、コメント有り難うございます。
旅情を味わえる貴重な列車が次々と廃止になるのは本当に残念で寂しい限りです。
 飛行機に乗るのも好きなんですが…、夜行列車のワクワク感にはかないませんね。
気まま
2011年12月18日 20:20
ホント、春のダイヤ改正ごとに寝台列車が廃止されてしまいますね。
高速道路の普及や航空機・新幹線の対等化もあり、年々寝台列車のニーズが薄れてきて淘汰されていくのも解りますが・・・
日本の大事な鉄道文化の一つが消滅してしまうようでとても淋しく思います。
気ままさんへ (GAKU)
2011年12月18日 21:53
気ままさん、コメント有り難うございます。
このところ、春を迎えるたびに貴重な列車が廃止に追い込まれて行きます。寝台列車が日本の鉄道からなくなってしまうんじゃないかという危機感も感じます。「きたぐに」、「日本海」ともに季節列車として存続するようですが…、どのくらいの期間持ちこたえてくれるのか心配ですぅ。
あさかぜ
2011年12月19日 18:09
「銀河」「能登」に続いて「きたぐに」まで廃止とは…。伝統の名列車が 次々と過去帳入りしていくのは 本当に寂しいことです。このまま 寝台列車も急行列車も姿を消してしまうのでしょうか。私たちファンにとってはかけがえのない憧れの対象ですが 世の中のほとんどにとっては単なる移動手段にすぎないのでしょう。かつてのSLがそうだったように…。
実は 12月の初めに休みを取って京都を旅しました。朝 駅まで「日本海」を見に行きました。列車はなくなっても リアルタイムで見た思い出は 一生の宝物になると思います。
2011年12月19日 22:13
こんにちは。
以前、鳥取からの帰りに京都から「きたぐに」の自由席に乗ったら、仕事か飲み会帰りの
サラリーマンで長浜あたりまで満員で
驚いた事があります。
ホームライナー的需要もあったようです。
あさかぜさんへ (GAKU)
2011年12月20日 01:49
あさかぜさん、コメント有り難うございます。
そうですね。大多数の人々にとって乗り物は単なる移動手段、速く、手軽に、安価で利用できるものに越したことはありません。となると国鉄時代からの伝統ある列車たちは移動の選択肢からは外されてしまいますね。残念なことですが…
 京都に来られていたという事ですが、「日本海」の入線から発車シーンまでをまぶたに刻み込まれたことでしょう。ヘッドマークを掲げてやってくる姿は、たまらなくいいですよね。
くびき野さんへ (GAKU)
2011年12月20日 01:56
くびき野さん、訪問・コメント有り難うございます。なるほど、「きたぐに」はそのような需要もあったのですかぁ。知りませんでした。
来年からは、遅くまで呑んでいられなくなるのですね。国鉄時代は、夜通し走る長距離普通列車が各地にありました。寝台付の普通列車なんてユニークな列車、もう二度と現れないでしょうねぇ。
2011年12月22日 05:43
きたぐにと言えば、EF58+旧客+12系が思い出しますね。 
銀さんへ (GAKU)
2011年12月22日 07:46
銀さん、コメント有り難うございます。
機関車牽引の列車の「きたぐに」も今となっては懐かしく貴重な存在でしたね。
 その頃は地味存在で、私は全く関心がなかったので記録がほとんど残っていません。もったいない話です。
国鉄色
2012年03月31日 01:18
「きたぐに」は朝、大阪到着 夜、大阪出発ともに早かったり遅かったりなのでホテルから見ていました
国鉄色さんへ (GAKU)
2012年03月31日 09:29
国鉄色さん、コメント有り難うございます。
 今年の3月で定期運行から退き、これも残念な限りです。しかし、よくここまで583系の車両を使ったものだと思います。
 大阪に住んでいても朝早く・夜は深夜の出発なので走っている姿をカメラに収めるのは気合のいる列車でした。

この記事へのトラックバック

  • 急行きたぐに

    Excerpt: 急行「きたぐに」の臨時列車への格下げが決まった。 夜行列車の衰退は止めることができない。 「きたぐに」に使用される車両は老朽化が進み、廃止は時間の問題だと思っていた。 臨時化は廃止の前兆のよ.. Weblog: 日本の車窓・雨男の紀行文(BLOG) racked: 2011-12-19 22:22

QRコード