秋の夕暮れ10番線 寝台特急 青森行き

10月ももう半ば、もうすっかりと太陽は西の空に落ちて、夕闇が迫ります。
いつものように大阪駅10番線に17時47分発の寝台特急「日本海」が入線してきました。

画像


寝台特急は、やっぱりカッコいい。


画像



車掌さんも始発の大阪駅からお仕事開始です。

画像


「ひらけぇーーーっ、ごま  」 と言ったかどうかは別として・・・、指差し呼称で乗車勤務開始。 安全管理が徹底されています。


画像


「はい、こちら特捜部・・・、大門。」  という会話が聞こえてきそうな・・・、

なんと、俳優の渡哲也さんに似ているカッコいい車掌さん。

西部警察 寝台特急「日本海」 移動分署の様な情景になっています。

17時47分、寝台特急「日本海」は、はるか青森へと旅立っていくのでした。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年10月14日 07:34
つい10年ほど前までは何処にでも走っていたブルートレイン、今となってはほとんど廃止されてしまいましたね。
ブルートレインの発着は独特な風情がありいいですね。
気ままさんへ (GAKU)
2011年10月14日 10:48
気ままさん、コメント有り難うございます。
夕方、この10番線にくれば、ほぼ毎日この旅立ちのシーンに会うことができます。でも、これもいつまでも当たり前に続くことではないかもしれないですね。この情景がいつかはなくなるのかもしれないと思うと寂しいです。
2011年10月14日 14:22
久々に日本海を見せて頂きました。ブルートレインと変わらないこの10番線の旅立ちの風景、末長く続いて欲しいと思います。
2011年10月14日 18:21
おっ、いいですね~♪
夜汽車の雰囲気が伝わって来ます。
2011年10月14日 18:36
夜のホームにたたずむブルーの車体は、いつ見ても絵になりますね~
テーラーさんへ (GAKU)
2011年10月14日 20:41
テーラーさん、コメント有り難うございます。
いゃ~っ、このブルトレの旅立ちの風景は何度みてもいいですね。電源車が残していった煤煙の微かな匂いが旅情をかきたてます。
としおちゃんへ (GAKU)
2011年10月14日 20:48
としおちゃん、コメント有り難うございます。
扉が開くと乗り込みたい衝動にかられます。
車両の中へ入ってゆく乗客が…、うらやましいです。
ogaogaさんへ (GAKU)
2011年10月14日 20:52
ogaogaさん、コメント有り難うございます。
どこか哀愁が漂う夜汽車の情景、何回見ても、いつまで見ていても飽きないです。その先にある旅程とベッドに体を横たえて聞くレールの継ぎ目の音…、色々と思いをはせてしまいます。
2011年10月15日 21:43
廃止だけは避けたいもんですね、ブルトレ…
GAKU
2011年10月15日 22:33
銀さん、コメント有り難うございます。
子供のころからブルトレを中心に撮影した来たので…、消えてほしくないですね。
2011年10月16日 16:41
電車は何年も乗っていません。
この辺は田舎で 車で移動する事が普通なので 駅にすら行かないです。
最近は速度の速い新幹線や 設備の良い電車があるようですが 寝台列車でのんびりと出かけるのもいいですね!
るんるんさんへ (GAKU)
2011年10月16日 23:55
るんるんさん、コメント有り難うございます。
田舎で自然いっぱいの良い環境の中で暮らしておられますね。大変なことも多いでしょうが、都会育ちの私にはとても羨ましくうつります。
 いつも、記事の後半に出てくる うさぎのトットちゃんがメチャかわいいです。ファンになりそうです。
よんちゃま!
2011年10月17日 10:13
「ブルートレイン ブルー」・・・ってあるんですかね?
よんちゃまへ (GAKU)
2011年10月17日 14:07
よんちゃま、コメント有り難うございます。
ブルートレインの青色を単に意味するものかなぁ。
ブルートレインの語源は、日本のブルートレインが登場する前にさかのぼるので昭和30年代の事になりますが…。
 南アフリカを走る超豪華寝台列車「トレイン・ブルー」にちなんだものだと聞いています。
 その列車をイメージして青に統一された編成で登場した寝台特急は「走るホテル」として話題を呼びました。いつしか、鉄道ファンの間で寝台特急は「ブルートレイン」と呼ばれるようになり、一般の人にもこの愛称が浸透するようになりました。
あさかぜ
2011年10月19日 18:18
夜のホームで目にするブルートレインの姿には 「旅情」という言葉が 他のどの乗り物よりも似合うと思います。ひと続きの写真から旅立ちの情感が伝わってきます。このシーンがいつまでも 続いて欲しいものですね。
あさかぜさんへ (GAKU)
2011年10月21日 11:32
あさかぜさん、コメント有り難うございます
返信が遅くなり申し訳ないです。ブルートレインの旅立ち程、「旅情」を掻き立てるものはほかにないと思います。このシーンを撮るばかりではなく…、このようなフレームの一シーンの中にこの身を置きたいものです。寝台特急が絶滅してしまうまでに…、なんとかしなければぁ…。

この記事へのトラックバック

  • 寝台特急、哀愁の旅情「日本海」

    Excerpt: 夕闇に向かって旅立ってゆく寝台特急には、 どこか物悲しげな、乗せている人々の秘めた人生を運んでゆく、 哀愁を帯びたイメージが私にはあります。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2011-10-14 21:25

QRコード