庭の昆虫たち

八月に入り、夏真っ盛りですね。
今日は、我が家にやって来た夏の虫たちを紹介します。


画像


クマゼミの抜け殻、木々のあちこちについていますが、抜け殻になる前の羽化を一度見たいものです。

セミの幼虫は日没から、這い出してきて夜の間に羽を伸ばして朝、飛び立っていきます。

機会があれば、そんな羽化の瞬間をカメラに収めてみたいです。

画像


トンボもやってきます。 

草の上で一休み。

画像


正面から・・・、標準レンズで近づきましたが、逃げずに止まっていてくれました。


画像


我が家のネクタリンの木に群がるカナブンやシロテンハナムグリたち。

取り入れ時期になると、彼らとネクタリンの実を争って確保します。

今年は、いくつかの実に袋を掛けてみましたが、潜り込まれてなかなか、上手くいきませんでした。

甘い香りのする実に誘われて50匹以上のハナムグリたちがいます。


画像


アブラゼミも幹についています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年08月10日 04:50
おはようございます。
気持玉ありがとうございました。
いろいろな昆虫が来てますね~
ネクタリンに来る虫は美味しいものが分かってるんですね。
虫に負けずに収穫頑張って下さい(^^ゞ
2011年08月10日 09:24
夏は色んな昆虫を目にすることができて、虫好きにはたまらない季節ですね。
虫たちは動きも速く警戒心も強いので望遠レンズで撮るのが当たり前だと思っていたのですが、標準レンズでも撮ることができるんですね。
としおちゃんへ (GAKU)
2011年08月10日 15:05
としおちゃん、コメント有り難うございます。
なるほど、そう言われてみれば…、「愉快な仲間たち」というのがピッタリきます。
まだまだ、隠れている仲間たち発掘しないとね。
気ままさんへ (GAKU)
2011年08月10日 15:10
気ままさん、コメント有り難うございます。
構えただけで逃げることもあるのですが、案外じっとしている時もあります。
 たぶん、アオスジアゲハとか、殆どじっとしていない蝶を撮るのが一番難しいかも…、
でも、高速で飛行するオニヤンマは不可能に近いです。
せんこさんへ (GAKU)
2011年08月10日 15:15
せんこさん、コメント有り難うございます。
コメントの回答順が逆になってしまいましたぁ。すいません。
 虫や鳥たちは、ほんとに良く食べごろの実を選んでいるなぁと実感します。
 収穫合戦で慌ててもいだ実は酸味が強く今一つです。ハナムグリたちが、かじりかけているものを横取りして虫がかじった部分を切り落として食べると食べ頃に熟していて、これがまた美味しいのですよ。悔しい
よんちゃま!
2011年08月11日 06:12
人間も「甘い話」には 群がってきますが 虫も「甘い果実」には 群がりますね!? 
よんちゃま ! へ (GAKU)
2011年08月11日 07:39
よんちゃま、コメント有り難うございます。
普段は、まったく見ないハナムグリたち…、
わいて出てきたようにたくさんいます。
昆虫の嗅覚というか好物を見つける力はすごいですね。
2011年08月11日 14:12
こんにちは~
いろいろな昆虫が来てお楽しみですね。
50匹以上のハナムグリ すごいですね。
アブラゼミ こちらそれはにぎやかに
鳴いていますよ。(^^♪
開運skyliner
2011年08月11日 19:00
昆虫ですか!ちょっと懐かしいです。やはり夏になると!
実は私も小学校低学年の頃は夏休みに祖父母の家に行く時は鉄道を撮る為のカメラを持参してなく、虫籠を持参してたものですが、今は虫となれば、ちょっと気持ちが悪く…であります。
処で蝉の脱け殻は本当に疑問がありますよね!だって脱け殻が小さくて成虫の方が大きいのですから!
primroseさんへ(GAKU)
2011年08月12日 17:43
primroseさん、コメント有り難うございます。
いよいよ、お盆、朝の暑い日差しの中セミが賑やかに鳴いていますね。すこし、庭に出るだけで蚊にかまれまくりです。
開運skylinerさんへ(GAKU)
2011年08月12日 17:53
開運Skylinerさん、コメント有り難うございます。大人になると虫が苦手になる人は多いですね。子供の頃は怖いもの知らずだったのですが、いま思えば、よくこんな気持ち悪いものを素手で捕まえたものだ、と思うこともありますよね。
 一般的に羽の大きな昆虫は、羽化直後、小さな縮れた羽で蛹から出てきますが、何時間かかけて体の体液を羽の方に送り、ピンと伸ばします。蝶やセミ、とんぼ等がそれに当たります。
羽化後、羽が大きく広がるので殻よりも大きくなるという仕組みです。
2011年08月20日 21:26
昆虫好きの方にとっては、待ちわびた季節ですね。GAKUさんの虫達の記事を読むと「あー夏がきたなー」と思います。
そんな夏もあとわずか・・。さみしいような。嬉しいような。。(暑かったですからねぇ)
さくらこさんへ (GAKU)
2011年08月20日 21:36
さくらこさん、コメント有り難うございます。
今年は、仕事上でも委員や看護研究を抱えていたり、保護者会の行事も気になるし…、クワガタ採集や山歩きはほとんど行けていないです。
 暑い暑いと言っている間にもう8月も後半に突入してしまいましたぁ。

この記事へのトラックバック

QRコード