「脱原発の前に子どもたちを救え!!」について

脱原発の前に子どもたちを救え!!」について
ogaogaさんのこの記事をできるだけ多くの人に見ていただきたくてトラックバック記事を作成しました。
 今、東北の人々が直面している放射能汚染の危機を一人でも多くの人に現実の姿をわかっていただきたいです。少し長めのYou Tubeですが、みなさん見てください。 なんとかせなあかんなぁ、と心から思うのですが…
 なんとか、対応し被災地の人々を救える筈の国会議員さん達は…、こんな時こそ、日本を救ってください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

よんちゃま!
2011年08月05日 06:16
国会議員の方々は・・・・ただ「給料をもらいに来てるだけ」・・・ですから・・・・いいですよね・・・国会で寝てるだけで・・もらえるんだから・・・あれ?来ていない人もいるか・・・・・(それでも給料が もらえるのは・・・・おかしくないのか・・・?)
よんちゃま ! へ (GAKU)
2011年08月05日 07:10
よんちゃま、コメント有り難うございます。
ogaogaさんの記事を見て、原発の放射能汚染は思った以上に深刻なんだと感じました。
 政府は、現実をしっかりと把握して事実を発表して欲しいですね。混乱を招かないように大丈夫と言っているのかもしれないけど…、
 ちゃんと伝えて真摯に対応して欲しいです。
2011年08月05日 09:59
トラバありがとうございます。
場末のしがない塾講師という職業柄、子どもたちの未来に、原発災害以降、ずっと心配をしています。人の手に負えない「核」をこれからも持ちづけることは、子どもたちに対して次世代を責任もって引き継ぐことができないのでは…
3.11以降、それまで築いてきた「経済発展」を軸にした価値観は、崩壊しました。今は新たな「連帯」を軸にした価値観をつくるときです。
にもかかわらず、例えば経団連の米倉某は、あいかわらず「経済>命」の発想で、原発を推進しようとしています。
本当にそれでいいのでしょうか。国会はこういったことを「国家百年の計」の視点を持って、もっと真剣に党派を超えて議論する使命を持っているはずなのですが…
長々と失礼しました…
2011年08月05日 18:31
深刻な問題だよね、どこかのコメにわ、オッサンを救えとか書いたけど(爆)
今後の日本のエネルギー政策はどう転ぶでしょうかね。
ogaogaさんへ (GAKU)
2011年08月05日 22:55
ogaogaさん、どうも…、コメント有り難うございます。ogaogaさんの記事をみて、とても考えさせられることが多かったです。政府はこのような状況を知りながら国民には公開していなかったのでしょうか。
 20年、30年後にこの放射能の影響で癌になる人がふえるのかなぁ。
としおちゃんへ (GAKU)
2011年08月05日 23:01
としおちゃん、コメント有り難うございます。
ogaogaさんのこの記事を見たときは、大変なことが現実には起こっていると感じましたが…、
としおちゃんのコメントは(爆)でしたぁ。
これからは、太陽エネルギーだね、きっと。
2011年08月06日 08:12
自分の故郷にも原発があります。
そう・・・やらせメールで有名になったあの原発です。
地元の人でも、反対派や推進派いろいろいらっしゃいます。
原発は放射性物質さえきちんと管理制御できれば、小さい設備で大きなエネルギーが得られる最も効率的な発電所とされています。
しかも日本の原発の耐震技術は世界でもトップクラスでどんな地震が来ても放射性物質を閉じ込めることができるとされていました・・・・
3.11までは・・・・
死角となっていた電源喪失が災いして史上最悪の原発事故になり、その収束は未だ見えなく原発に隣接する県に脅威を曝し続けていますね・・・。
また、政治家の皆さんはそんなことはさておき自分の進退や私腹のことを気にするばかり・・・
フクシマをおろそかにしすぎているような気がします。
くだらない話し合いばかりをせずもっと積極的に現地を訪ね見る聞くばかりではなく、(ボランティア)活動に参加して欲しいです。
そうすることで、頭でっかちな議員さんたちに何か見えてくるのでは?と思います。
気ままさんへ (GAKU)
2011年08月06日 15:43
気ままさん、コメント有り難うございます。
原子力の平和利用とはいえ、大きな事故を起こしたときの被害は甚大ですね。安全あっての資源ですから…、
大きな被害や放射能汚染もさることながら、
それに対応すべき政府・国会議員の動きというか感覚のずれというか、人の批判ばかりが目立ち自ら動こうとしない姿勢に苛立ちと怒りを覚えます。親の代から国会議員という人も多くいると思いますが…、一般の国民と感覚がずれてくるのでしょうか。

この記事へのトラックバック

QRコード